ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決

クサイ靴が並ぶ玄関は子どもが元気な証拠だけど…下駄箱のニオイをなんとかする方法

「ただいまー!」と元気に帰ってくる子どもたち。玄関に並んだ靴からは言葉で表せないほどの悪臭が…。夏の暑い日にはたっぷり汗を含んだ靴が下駄箱の中で菌を繁殖し、ニオイを充満させています。

  • ライター1

玄関はお客様を迎える最初の空間。ドアを開けた途端ニオイが気になるようでは困りますよね。そんな下駄箱の悪臭は何が原因なのでしょうか? 下駄箱のニオイを手間なく消す方法を紹介します。

下駄箱のニオイの原因は雑菌とカビ!?

下駄箱のニオイの原因は雑菌とカビ!?

panotthorn phuhual/Shutterstock.com

靴を履いていると、足汗をかくのは当然のことです。とくに新陳代謝が活発な子どもたちが動き回れば、靴下がかなり湿ってしまうほど、足はかなり汗をかいているのです。汗をかくにつれ、靴の中の湿度はどんどん高まり、体温によってムシムシして雑菌が繁殖していきます。足の汗を栄養としている雑菌がある程度増えてしまうと、ニオイが発生し始めます。

繁殖した雑菌のニオイと靴の皮から出るニオイが混じり合って悪臭が発生することも。履いた靴を乾燥させずに下駄箱へ入れると、下駄箱の中で菌が繁殖してそのニオイがこもってしまいます。

というわけで、家族みんなの靴が入っている下駄箱の中は、湿気であふれています。カビはジメジメと湿った場所を好むため、下駄箱はカビが発生しやすい絶好の場所。カビはもちろんニオイを放ち、これも悪臭の原因になります。雑菌とカビによって、この世のものとは思えない悪臭の原因が下駄箱に住み着いてしまうというわけです。

クサイ下駄箱の除湿・消臭対策

クサイ下駄箱の除湿・消臭対策

Africa Studio/Shutterstock.com

下駄箱の悪臭を解決するには、以下2つの対策が効果的です。まずは、その日に履いた靴をそのまま下駄箱に入れないことです。1日履いた靴は、翌日には履かずに乾燥させましょう。

1. 下駄箱を換気する

下駄箱に嫌なニオイがこもらないように、まめに換気を行いましょう。玄関はもともと通気性が良い場所とはいえません。下駄箱を閉め切ってしまわず、時々開けておくようにします。引き戸なら5cm程度開けておくだけでも違います。通気性がよくなると、カビが生えることも防ぐことができます。

2. 除湿グッズ・機器を使う

下駄箱の各段に新聞紙を敷いておけば、靴底の汚れが直接下駄箱につかず、しかも湿気を取ることができます。100円ショップなどで売っている下駄箱用除湿シートもいいでしょう。また、玄関に除湿機を置くというテもあります。

3. 消臭剤を置く

大きな下駄箱であれば、重曹を紙コップなどに入れて四隅に置いてみましょう。また、ネコ砂用品として売られているヒノキチップも吸水・消臭効果があるのでおすすめです。

「お部屋用置き型ファブリーズ」は下駄箱のニオイを素早く消臭&芳香!

忙しいママなら、市販の玄関用置き型消臭剤が便利です。
下駄箱の棚板を清潔にして、靴を乾燥させたら、「ファブリーズ」の置き型消臭剤をセットします。香りに頼らず、独自のテクノロジー「ニオイキャッチャーゼリー」で、嫌なニオイを元からスッキリ消臭。森林フィトンを配合し、ニオイキャッチャーゼリーがしっかり消臭した上で、森林フィトンが放出されカビの元に直接働きかけ、すがすがしい空気に。無香タイプとほのかに香るタイプ、靴箱専用のピュアクリーンの香りなどがありますので、お好みに合わせて選んでくださいね。

足裏から出る汗とニオイを侮ってはいけません。ママの一工夫で家族みんなが出入りする玄関をさわやかな空間に保ちましょう。

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)