ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決

子どもの車酔いの原因は悪臭!? 酔わないための車内ニオイ対策

  • ライター1

暑い夏でも野球やサッカーなどスポーツ少年団で頑張る子どもたち。元気いっぱいなのに車に乗った途端気分が悪くなって青い顔に。ママの車の送り迎えで車酔いする子どもも少なくありません。気温が上昇するサマーシーズン前に気をつけたいのが、子どもの車酔い対策です。

車酔いする子どもを持つ親へのアンケート調査から見えてくる子どもの「途端酔い」は、もしかしたら車内のニオイが原因かもしれません。子どもの車酔いの理由と対策を知っておきましょう。

車に乗った途端気分が悪くなるのはニオイが原因

子どもが車に酔うシーンはというと、坂道や曲がり道、山道など車の振動が多い場所の走行中を思い浮かべるママは多いはず。子どもの車酔いはママの運転がヘタだから?と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

車に乗った途端気分が悪くなるのはニオイが原因
子どもが車に酔うシーン

親へのアンケート結果によると、車酔いをする子どもの9割が車に乗ってすぐ気分が悪くなる「途端酔い」を経験しています。車酔いは揺れや振動によって引き起こされますが、じつは「ニオイ」による車酔いが多いといわれています。車の中のニオイに不快感を覚え、そのニオイが苦手だった記憶から車に乗った途端に気持ちが悪くなることがあります。この「途端酔い」がきっかけとなり、車酔いしてしまうこともあるのです。

子どもは大人より嗅覚が敏感で、大人は何も感じなくても子どもには「クサイ」と感じることがあるそうです。子どもたちが嫌がる車のニオイは、エアコンを付けたときのニオイをはじめ、元々の車内のニオイと芳香剤などが混ざり合ったニオイ、香水やタバコのニオイも気になるというデータも。その状態に、気づいてあげられていないママやパパが多いのではないでしょうか。

子どもには「クサイ」と感じることがあるそうです

Daniel Jedzura//Shutterstock.com

車酔いの効果的な対策とは

それでは、車酔い対策、車のニオイ対策はどうしたらよいのでしょうか?以下の2つの対策を心がけましょう。

1. 車酔いしない経験をさせる

車酔いしない経験をさせる

MintImages//Shutterstock.com

子どもの車酔いには、メンタル面の影響が大きいとされています。以前に嫌なニオイによって具合が悪くなった経験はまた同じニオイを嗅ぐだけで再現され、それがきっかけとなって車酔いしてしまうこともあります。子どもには、車に酔わずに乗れた経験をさせ、自信をつけることが効果的です。ニオイのしない清潔な車に乗せることはもちろん、酔い止め薬を使用して車酔いしないようにしてあげましょう。

2. ニオイを元から消臭する

やはり、気になるニオイを元から消臭することが重要です。染み付いたタバコや食べ物、エアコンなど車特有のニオイをしっかり消臭できる車専用の消臭剤を使ってみましょう。また、こまめに車内の空気を入れ換え、タバコや香水などのニオイの出るものは置かないことを心がけてください。

「ファブリーズ クルマ イージークリップ」は車内のニオイを素早く消臭&芳香!

「ファブリーズ クルマ イージークリップ」は車内のニオイを素早く消臭&芳香!

「ファブリーズ クルマ イージークリップ」は車内のエアコン送風口にワンタッチで装着できる車専用の消臭芳香剤です。100%香料オイルで、車内のニオイの原因となるエアコンやタバコ、食べ物や汗などの体臭などをしっかり消臭したうえで、心地よい香りを放ちます。つまみで香りの強さも簡単に調整でき、約30日間消臭・芳香が持続します。クリーンシトラス、フルーツシトラスブリーズなど香りも10種類から選べるので、子どもと一緒に好きな香りを選ぶのも楽しいのではないでしょうか。

子どもの車酔い対策には、まずはママが子どもの状態に気づいてあげることが肝心です。子どもたちにとって楽しい夏になるように、ニオイを元から消臭して快適な車内環境を維持してあげてくださいね。

※1:300人の親へのアンケート結果は、回答者の主観的な意見を集計したものです。