ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
そのまましまっちゃダメ! 突然の雨に湿ったジャケット
出典 : Shutterstock.com

そのまましまっちゃダメ! 突然の雨に湿ったジャケット

突然の雨でジャケットが濡れてしまうことってありませんか? 湿ったジャケットやスカートをそのままクローゼットにしまうと、カビや雑菌でイヤな臭いの温床に。ジメジメした梅雨時や突然の雨が多い夏はとくにその湿ったニオイが気になります。濡れた服が臭くなる原因とニオイ対策をお教えします。

  • ライター1

雨に濡れると急激に雑菌が繁殖!?

雨に濡れると急激に雑菌が繁殖!?

cha cha cha studio/Shutterstock.com

蒸し暑い日に突然の雨にあたると、ちょっと複雑なニオイを感じますよね。じつはこのニオイ、外食時やタバコなどによるニオイ成分や汗汚れが付着したジャケットに雨の水分と高い気温が掛け合わされて発生した雑菌によるもの。夏は忙しいママも汗をかきやすいですから、知らず知らずのうちにジャケットが汗を吸収しています。汗そのものは無臭ですが、汗を含んだ服をそのままにしておくと雑菌が繁殖してしまいます。職場や外食先でジャケットの繊維がタバコなどの臭いを吸収していることも。これに雨という水分が加わって急激に雑菌が繁殖してしまい、なんともいえないニオイを感じることになるのです。

雨で臭った状態のジャケットやスカートをクローゼットにそのまま押し込んだり、会社のロッカーに入れてしまうこともあるのでは? 濡れたままの状態で狭い空間に入れてしまうと、カビ臭と雑菌臭のダブル悪臭がクローゼット中に拡がっているのかも!? 忙しくてもきちんとお手入れしてからしまわないと、ほかの服にもイヤなニオイがしみついてしまう可能性があります。

濡れた服のケア方法

濡れた服のケア方法

alexandre zveiger/Shutterstock.com

突然の雨に濡れた服をそのままにせず、きちんとケアしてからクローゼットへ。以下の2つの方法が効果的です。まずは乾いたタオルで軽く押さえて水分を取り除きましょう。

1. 扇風機またはドライヤーをあてる

風をあててジャケットの水気を飛ばします。扇風機の風によってニオイも一緒に飛ばすことができます。ドライヤーは冷風にして20〜30cm離れてかけるようにしましょう。

2. 消臭スプレーを使う

雑菌でニオっている濡れたジャケットには除菌効果のある消臭スプレーを使いましょう。ジャケットの表面はもちろん、汗汚れなどが付着している内側にもしっかり吹きかけます。スプレーした後は風通しのよい場所に吊して乾燥させましょう。

「ファブリーズ」は布専用の除菌もできる消臭スプレーです。

「ファブリーズ」の最大の魅力は、布を傷めることなく99.9%除菌して、消臭してくれることです。布専用の除菌消臭スプレーなのでジャケットなど自宅で洗いにくい衣類への使用にも最適です。ニオイの原因菌に対して消臭・除菌を働きかける成分が繊維の1本1本にまで拡がります。
濡れた服の外側と内側にもしっかりスプレーすることで汗や皮脂などから発生する臭いも消臭できます。繁殖した雑菌も除菌して消臭してくれるので雨の日は忘れずに使用したいですね。

ママのジャケットやスカートだけでなく、パパのスーツも雨の日は臭っています。きちんと乾燥・除菌・消臭してからクローゼットにしまうようにしましょう。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー