ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
赤ちゃんは汗っかき。ベビーベッドで心地よく寝かせるための対策と予防法
出典 : OndroM/Shutterstock.com

赤ちゃんは汗っかき。ベビーベッドで心地よく寝かせるための対策と予防法

ベビーベッドは赤ちゃんが最も多くの時間を過ごす場所。そんな場所が不潔だと、赤ちゃんが心地よく寝てくれないのではないかと不安になりますね。赤ちゃんは多くの汗をかくため、雑菌が繁殖しやすく、ニオイもつきやすいもの。ベッドを常に清潔に保つために、ニオイ対策と予防法を知っておく必要があります。

  • ライター1

ベビーベッドが臭う? 考えられる2つの原因

赤ちゃんが多くの時間を過ごすベビーベッド。そんなベビーベッドから“汗臭さ”を感じたことがありませんか?
もしベビーベッドのニオイが気になる場合は、以下の2つの原因が考えられます。

ベビーベッドが臭う? 考えられる2つの原因

Mallmo/Shutterstock.com

原因① 汗によるニオイ菌の繁殖

赤ちゃんの肌に触れると、多くの場合しっとりと湿った感触があります。赤ちゃんは新陳代謝がとても活発で、常に多くの汗をかいています。汗をかいて体温を調節することを覚えているのです。
汗をたくさんかくからといってすぐに臭くなるわけではありません。汗は発汗直後はほとんどニオイがしないのです。では、なぜ汗臭くなるのでしょうか。汗に含まれる皮脂やタンパク質を栄養として、菌が繁殖してしまうからなのです。汗のほかにも、脂や垢などの汚れも菌の栄養となり、雑菌の繁殖を促進し、結果としてニオイの原因となってしまいます。

原因② 男性ホルモンによる皮脂分泌の影響

ベビーベッドや赤ちゃんの頭が臭いもう1つの原因として、「男性ホルモンによる影響」が考えられます。
赤ちゃんは出生時から生後3ヶ月くらいまでの間、男女に関係なく、男性ホルモンの血中濃度が高まり、皮脂の分泌が非常に活発になります。この皮脂も、菌が繁殖するための格好のエサとなり、ニオイの元になります。「お父さんの頭のニオイと同じようなニオイがする」といった場合は、こちらが原因かもしれません。正常なことなので、心配はご無用です。

ベビーベッドのニオイ対策と予防法

ベビーベッドのニオイ対策と予防法

FamVeld/Shutterstock.com

ベビーベッドのニオイを解決するには、上記2つの原因に対処する必要があります。
いずれも菌を繁殖させてしまうことがニオイの元になるので、まず雑菌をしっかり除菌し、汗を残さないように適度に乾燥させます。

ベビーベッドについた雑菌の除去法

◆ベビーベッドの天日干し

ベッドに敷いているマットレスを天日干しするだけで、日光に含まれる紫外線による除菌効果が期待できます。紫外線除菌は、赤ちゃんにも安全ですね。太陽の下、外で1時間程度干しましょう。マットレスと同じように、毛布やタオルなども天日干しするとより効果的です。

◆除菌消臭スプレーを利用する

なかなか干す時間がない…、という方には除菌消臭スプレーがおすすめです。最近の除菌消臭スプレーには、日光除菌以上の効果が期待できるものもあります。こまめに対処したいという方はこちらを使用しましょう。香りがするタイプもありますが、赤ちゃんには無香タイプが安心ですね。毎日10回程度スプレーし、よく乾燥させましょう。

菌を繁殖させないための予防法

菌を繁殖させないための予防法

runzelkorn/Shutterstock.com

◆赤ちゃんが汗をかいたら早めに拭く

赤ちゃんが汗をかくと、雑菌は1日も経たない内に繁殖し始めてしまいます。汗をかいたら早めに拭き取るように心がけましょう。

◆ベビーベッドや枕に、タオル・ガーゼを敷く

ベビーベッドに汗を吸収してくれるタオルやガーゼを敷いて置くのも有効です。ベッド全体を覆わなくても、枕と背中が当たる部分に敷くだけでも十分効果的です。汗でしめっていたらさっと清潔なものに取り換えましょう。

◆シャンプー後にしっかりと乾かす

赤ちゃんの頭や髪が濡れたままベッドで寝てしまうと、ベッドが湿り、雑菌の繁殖の原因になってしまいます。お風呂やシャンプーのあとは、タオルやドライヤーを使ってしっかり乾かしてあげましょう。

赤ちゃんが成長していくうえで、汗をかくことは大事なステップです。臭う前に対処して、いつでも清潔で快適な環境を作ってあげましょう。