ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
お盆の帰省、ラッシュに巻き込まれ大渋滞。車内は汗のニオイでムンムンに…
出典 : XXLPhoto/Shutterstock.com

お盆の帰省、ラッシュに巻き込まれ大渋滞。車内は汗のニオイでムンムンに…

お盆の恒例行事は家族みんなでのドライブ帰省。ドライブは楽しいものですが、長時間となるとやはり疲れます。ましてや、渋滞にはまってしまうと、パパとママが交互運転で頑張っても、車内の雰囲気がどんより…。イライラとともにニオイも気になりだします。

  • 創文舎 hamo

ニオイの原因は汗と雑菌

ニオイの原因は汗と雑菌

MilanMarkovic78/Shutterstock.com

暑い季節でも車内はエアコンが温度も湿度も調整してくれているおかげで、外気とは比べ物にならないくらいの快適な環境。しかしながら、汗をまったくかかないかというと、そうとはいえません。とくに、長距離ドライブや渋滞などで長時間車内に滞在していると、座っている座面やシートと体の接触部分では意外に汗をかいています。この汗が適度な湿気となり、体温から出る熱と皮脂や垢をエサに雑菌が繁殖してしまいます。雑菌が繁殖するときに発生する「腐敗臭」が車内に漂う悪臭の原因なのです。

車内の悪臭、どう防ぐ?

車内の悪臭、どう防ぐ?

Solomia Malovana/Shutterstock.com

車内のニオイが気になりだすと、ただでさえ退屈でイライラしてしまう渋滞が、輪をかけて辛いものになってしまいます。そうならないためにも、ニオイ対策を考えておきましょう。

こまめな休憩

渋滞していると、ついつい先を急ぎたい気持ちになりますが、道中に立ち寄れそうなパーキングエリアがあったら休憩をとることをおススメします。汗をかいてしまうのは同じ場所に座り続けることが原因です。少しでも車から降りて体もシートも休憩させてあげることが大切です。休憩をとっている間は、ドアや窓を開けて空気の入れ替えを行っておくと車内のリフレッシュにもなります。

タオルを敷く

長時間のドライブになりそうなときは、あらかじめ大判のバスタオル等を座席にかけたり、座面部分にタオルを敷くなどしてから座ると、汗を吸収し、シートに浸透させるのを防ぐことができます。途中、湿り気を感じてきたらタオルを交換してみましょう。ニオイも気分も爽やかに切り替えられます。

汗を拭き取る

汗自体は無臭で、雑菌が繁殖する際にはじめてニオイを発します。なので、ニオイが発生する前に汗を拭き取ることで効率的にニオイを予防することができるのです。ヘッドレストや背もたれに接触する首筋や、シートに接触する腕や太ももなど、拭ける部分はウェットタイプの汗ふきシートなどで拭き取るとニオイの抑制に効果を発揮します。

車の消臭剤を使う

エアコン送風口にセットして簡単に使用できるファブリーズの「車のエアコン用イージークリップ」がおススメです。100%香料オイルで、車独特の嫌なニオイの原因になる、体臭や食べ物、タバコ臭などのニオイをしっかり消臭し、車内に爽やかな香りを広げます。たくさんのバリエーションから香りが選べるので、家族の好みにあったフレグランスをセレクトできます。

ちょっとひと工夫するだけで、つらい長距離ドライブも爽やかに過ごせそうですね。いい香りと一緒に楽しい思い出をつくりましょう。

車のエアコン用イージークリップ

車のエアコン用イージークリップ