ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
赤ちゃんも汗ばむ季節。ベビーカーに染み込んだ汗、どうケアするの?
出典 : happybas/Shutterstock.com

赤ちゃんも汗ばむ季節。ベビーカーに染み込んだ汗、どうケアするの?

お散歩で赤ちゃんの汗をたっぷり吸ったベビーカー。丸洗いできないだけに、どうしたら清潔に保つことができるかとお悩みのママも多いのではないでしょうか。嫌なニオイを寄せ付けないベビーカーのお手入れ方法を紹介します。

  • 創文舎 hamo

赤ちゃんは汗っかき

赤ちゃんは汗っかき

titidsn/Shutterstock.com

お散歩から帰ってきてベビーカーから赤ちゃんを降ろすと、シートは汗でしっとり、頭は汗だく。大人が汗をかくほどの暑さでなくても、赤ちゃんが汗だくになっていることはよくあります。赤ちゃんが汗っかきなのは、小さな体にも関わらず、大人と同じ数の汗腺をもっているからです。その上、新陳代謝が活発で体温調整も未熟なので、汗をかきやすいのです。

パーツごとに違うベビーカーのお手入れ方法

パーツごとに違うベビーカーのお手入れ方法

Dmitry Zimin/Shutterstock.com

ある程度の月齢になってくると、汗に加えて、飲み物をこぼしてしまったり、お菓子の食べこぼしや時にはオムツの横からおしっこが漏れてしまったりと、ベビーカーの汚れが気になってきます。染み込むような汚れは、サッと拭きとるくらいでは取れないものが多く、放置しておくと雑菌が繁殖してカビやニオイの原因になってしまうこともあります。最近のベビーカーは、丸洗いこそできませんが、シートやカバーなどは取り外して洗えるものが多いですが、パーツごとにどのようにお手入れしたらいいのかまとめてみました。

シート・カバーなど取り外せるパーツ

赤ちゃんの汗がもっとも染み込みやすいシートやカバーは取り外してしっかり洗いましょう。取り外せないタイプの場合は、市販の赤ちゃん用汗取りシートをベビーカーの中に敷いて使うと別洗いできます。取り外したシートやカバーは、ラベルの洗濯表示に従って洗います。多くの場合、洗濯機で洗えるものが多く、手洗いマークの場合でもネットに入れ、おしゃれ着用中性洗剤を使えば洗濯機の手洗いコースやドライコースなどで洗濯することができます。
洗濯機で洗った後は、風通しのよい場所で陰干ししましょう。この時おススメなのが、布用消臭スプレー。香料無添加で除菌力のあるスプレーを10~20回スプレーすれば、生乾きの嫌なニオイを防げるだけでなく除菌効果も期待できます。

ベルト・日除け・カゴ等洗濯機で洗えないパーツ

水溶性の汚れの場合(果汁・よだれ・おしっこ等)

ぬるま湯でタオルを濡らし、硬く絞って汚れをふき取ります。その後、乾いたタオルで水気を取り、陰干しで乾燥させます。

非水溶性の汚れの場合(牛乳・マヨネーズなど油分の多い汚れ)

ぬるま湯に中性洗剤を混ぜ、ブラシまたはスポンジで汚れを洗い落とします。水やお湯ですすいだら乾いたタオルで水気を拭き取り陰干しして乾燥させましょう。

フレームや車輪等本体部分

砂や泥、土などが付着したままだと、動きが鈍くなったり開閉できなくなるなどのトラブルの元に。濡らして絞ったタオルなどでこまめに拭き取るようにしましょう。

暑い時期はできるだけこまめに洗濯して、赤ちゃんを気持ちよく過ごさせてあげたいものですね。洗濯できない日はお出かけ後に、除菌もできる布用消臭スプレーを、シートがしっとりする程度に吹き付け乾燥させる習慣をつけておくと、菌繁殖の抑制になります。