ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
赤ちゃんのハイハイスペースは大丈夫? カーペットから漂う汗のニオイ
出典 : wong sze yuen/Shutterstock.com

赤ちゃんのハイハイスペースは大丈夫? カーペットから漂う汗のニオイ

赤ちゃんがハイハイを始めると行動範囲がぐっと広がります。今までは赤ちゃん専用のマットだけで何とかなっていたのに、ちょっと目を離した隙にこんなところまで…。赤ちゃんがいつ触れても大丈夫なように、カーペットの汚れやニオイに気を配りたいものですね。

  • 創文舎 hamo

カーペットが臭うワケ

家の中がなんとなくモワッと感じたり、足裏がべた付く感じがしたらカーペットや床に鼻を近づけてみてください。なんとも言えない不快なニオイが漂っているかもしれません。
汗をかいた足や靴下で歩き回ることで、カーペットが汗を吸収し、カーペットの中で雑菌たちが繁殖してニオイを発生させます。そこに埃や塵、皮脂、食べこぼしなども加わり、それらをエサにダニまで増えてしまいます。湿度の高い季節は、菌やダニたちに好都合な条件が揃っています。赤ちゃんのために、カーペットを清潔に保つ方法を知っておきましょう。

清潔さを保つカーペットの消臭対策

清潔さを保つカーペットの消臭対策

fizkes/Shutterstock.com

本来ならば丸洗いして天日干ししたいところですが、大型のカーペットはなかなかそうはいきません。カーペットを洗わずにスッキリさせるにはどんな方法があるでしょう。

1 カーペットを裏返し、掃除機をかけてしばらく放置します。可能であれば風通しの良いところに置いておくとGOOD。

2 赤ちゃんをベッドに移動させたあと、重曹を粉のままカーペットに撒いて一晩置き、翌朝掃除機で丁寧に吸い取ります。重曹は汗や皮脂などの酸性物質を中和することができ、埃などの細かい物質を吸い寄せる性質をもっています。

3 気になる部分汚れは重層水スプレーを吹き付け、タオルで拭き取りましょう。汚れを見つけたら放っておかず、すぐに対処するのが清潔さを保つ秘訣です。

4 仕上げに除菌効果のある布用消臭スプレーを20回程度吹き付けます。吹きかけた後は換気を心がけカーペットを乾燥させましょう。

フローリングや畳の場合

フローリングや畳の場合

takayuki/Shutterstock.com

お家によっては、カーペットを使用していない、フローリングや畳の床でハイハイという場合もあります。フローリングも畳も掃除機をしっかりかけてダニや埃を吸い取ることが第一です。その上で、フローリングはささくれに注意し、見つけたら削り取って滑らかにしておきましょう。また、この先のつかまり立ちを考えて転倒しても痛くないように、ジョイントマットや滑りづらいカーペットを敷くことをおすすめします。

ハイハイは、赤ちゃんの体の成長にとってとても大切なステップです。清潔で安全な環境をつくり、思う存分ハイハイさせてあげたいですね。