ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
窓を開けると、いや~な臭いが。原因は何年もお手入れしていない網戸だった!?
出典 : cherezoff/Shutterstock.com

窓を開けると、いや~な臭いが。原因は何年もお手入れしていない網戸だった!?

仕事を持っていると、掃除も洗濯も、まとめてできるのは休日くらい。ただ、掃除はどうしても室内が中心になってしまいます。うっかり忘れてしまうのが網戸の掃除です。その結果、網戸を通じて入ってくる風はよどみ、網戸自体がクサイなんてことにも。さわやかな風を取り込むためにも、網戸掃除に挑戦してみましょう。

  • 創文舎 arisa_125
窓を開けると、いや~な臭いが。原因は何年もお手入れしていない網戸だった!?

PR Image Factory/Shutterstock.com

見た目がきれいなのが網戸の欠点! 風が通るたびに汚れが付着

窓を開ける時期になると、虫の侵入を防ぐために網戸が大活躍しますが、夏の終わりとともに役目を終え、翌年まで放置されます。見た目はきれいでも、網戸にはチリやホコリ、排気ガス、タバコのヤニ、油などいろいろなものが付着しています。日光が当たらない北側の窓に張られた網戸には、カビが大量発生し、知らなうちに雑菌の巣窟と化すこともあります。窓を開ければ、ニオイはそれほど気になりませんが、空気が滞留するような場所では、網戸もニオイの発生源になることがあります。

網戸についたチリやホコリなどは、外が入ってくる風に乗って家の中に運ばれてきます。ただでさえ夏はニオイの元となる雑菌が繁殖しやすいのに、雑菌の栄養分となる汚れが増えれば除菌や消臭も追いつかなくなってしまうかもしれません。住んでから一度も網戸を掃除したことがないという人は要注意です。

見た目がきれいなのが網戸の欠点! 風が通るたびに汚れが付着

7th Son Studio/Shutterstock.com

網戸のケア方法

年末に掃除をしても、つねに外気にさらされる網戸は使う時期にはすでに汚れていることもあり、暖かくなったころの掃除がもっとも効果的です。

1.掃除機で表面の汚れを吸い取る

外側の網戸全体に新聞紙を張り付け、内側から掃除機をかけて、網戸全体のチリやホコリを吸い取ります。掃除にあまり時間をかけられないときは、これだけでも十分きれいになります。

2.重曹とメラミンスポンジで汚れを除去する

タバコのヤニがついたベランダの網戸や油がついたキッチンの網戸は、一般的な洗剤を使った雑巾では、なかなかきれいにならないため、重曹とメラミンスポンジがおすすめです。重曹は弱アルカリ性で油を分解してくれるうえ、消臭の働きもあるので、効果的に汚れを落とせます。

<掃除方法>

・200ccのぬるま湯に小さじ1杯程度を目安に重曹水をつくります。
・液のしたたりを防ぐため、下に新聞紙を敷きます。
・戸全体に重曹スプレーを吹きかけます。
・液が汚れと混じるまで少し置いてから、水に濡らして絞ったメラミンスポンジで上から下、右から左へと拭いていきます。力を入れすぎると網がゆがんでしまうので気をつけること。
・内側が終わったら、外側も同じことを繰り返します。
・下に敷いた新聞紙を捨てて終了です。

タバコのヤニがついたベランダの網戸

IrinaFedotova/Shutterstock.com

3.網戸ローラー・網戸ワイパーなどを使う

網戸専用の掃除グッズもいろいろ売られています。100円ショップで買えるものもあり、使い捨てのものだと働くママにとってはなお便利です。

きれいな風が通るようになったら・・・

掃除後は見た目もすっきりし、もちろん風の通りもよくなります。そこで、おすすめなのがファブリーズの部屋用置き型消臭芳香剤です。空気中のニオイ分子をニオイキャッチャーゼリーが吸収し、ゼリーに配合されている消臭成分が化学的に中和して消臭します。中和されることで、ニオイはなくなり、再び出てくることはありません。無香タイプとほのかに香るタイプがありますから、お好みで選べます。また、ファブリーズのお部屋用置き型アロマなら窓の近くに置き、網戸から入ってくる風を利用して、部屋全体をアロマの香りでいっぱいにできます。「香りオイル」が上品な香りで、家族や訪れる人を出迎えます。

きれいだと思っていたのに、一度拭いただけで雑巾が真っ黒に! そんなレベルにならないよう、定期的な網戸掃除を心がけましょう。

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)