ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
40歳過ぎたら女性にも加齢臭注意報
出典 : absolutimages/Shutterstock.com

40歳過ぎたら女性にも加齢臭注意報

加齢臭は男性だけの問題ではありません。40歳を過ぎたら、女性にも加齢臭の危険性が! あなたも知らない間に他人を不快にしているかもしれません。ニオイの原因を把握して、家族や友人にクサイと言われる前にしっかり加齢臭対策をしましょう。

  • ライター1

加齢臭とは、年齢とともに出る特有のニオイのことで、男性だけでなく、女性からも発生するとされています。

加齢臭特有の脂臭くて、青臭いニオイの原因は「ノネナール」という物質です。ノネナールは皮脂に含まれる脂肪酸が酸化されることで発生しますが、若い人の皮脂には脂肪酸がほとんどないため生成されません。加齢臭の原因物質のノネナールが発生しやすいのは40歳を過ぎた頃からで、年齢に比例して増加します。

とくに女性は、女性ホルモンの減少とともに男性ホルモンの働きが活発になり、皮脂が増えて加齢臭が発生しやすくなります。もちろん個人差はありますが、女性ホルモンが減少し始める35歳前後から加齢臭が出始め、40歳を過ぎると、抗酸化物質の働きが弱まって細胞が酸化しやすくなり、加齢臭を強めることになります。

そろそろそんな年齢・・・という人は、加齢臭対策を心がけましょう。皮脂の分泌量が多い頭皮は、ニオイがとくに気になる部分。まず、シャンプーのし過ぎは必要な皮脂を奪って逆に過剰分泌させてしまうことになるので注意を。1日1回のシャンプーとその後のドライヤーが肝心です。シャンプー後、生乾きのままでいると雑菌が増えやすいのでしっかり乾かしてから就寝しましょう。

それでも、頭皮のニオイが気になる人は、枕を疑ってみてください。雑菌が繁殖している可能性があるので、枕カバーのマメな交換と枕本体への消臭・除菌スプレーなどで、嫌なニオイを取り除きましょう。目安としては枕に5回スプレーするといいでしょう。体内からの加齢臭対策としては、抗酸化力の強いバナナやタマネギ、ホウレンソウなどの食材をとるようにしてみてはいかがでしょう。