ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
裸足に運動靴。公園でたっぷり遊んで帰ってきたわが子の足がクサイ!
出典 : ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com

裸足に運動靴。公園でたっぷり遊んで帰ってきたわが子の足がクサイ!

靴下を履くと暑いのか、何度注意しても裸足で運動靴を履くわが子。子どもとはいえ、脱いだ後のニオイが強烈、その足のままで家の中に入らないで! と言いたくもなります。あまりの足の臭さと汗の量に何かの病気なのかも…と心配になることも。今回はそんな子どもの足のニオイの原因と消臭方法を紹介します。

  • ライター1

足と運動靴に付着する雑菌がニオイの元!?

足と運動靴に付着する雑菌がニオイの元!?

No-Te Eksarunchai/Shutterstock.com

公園でたっぷり遊んで帰ってくる子どもはいつも元気いっぱい。玄関で運動靴を脱ぎ捨てて、あっという間にリビングに駆けこんで来るわが子が近づくと、強烈なニオイが。何度注意しても、今日も裸足に運動靴。素足がクサイのか、それとも運動靴が原因!? とてつもない悪臭に悩まされるお母さんは、このニオイをどうにかしようと悪戦苦闘中です。

子どもの足は、どうしてあんなにクサイのでしょうか? 大人の足よりもニオイが強烈な理由は、新陳代謝が活発で汗をかきやすいこと、表皮の新陳代謝がスムーズで皮脂が出やすいためです。汗が皮脂や垢と結びつき、足に常在する雑菌のエサとなって分解された時に雑菌がはき出す老廃物がニオイの原因です。また、毎日洗うのが難しい運動靴の中に汗や雑菌がたまり続けることで足が臭くなる原因にもつながります。子どもは、体は小さくとも汗が出る汗腺の数は大人と同じだけあり、新陳代謝が激しいために体温が高く、体を冷やすために汗が多く分泌するとされています。足は体の中でもっとも汗が出る場所。裸足で運動靴を履くと温度や湿度など菌の繁殖条件がそろって、大量のニオイ物質が発生しやすい状態になるといえるでしょう。

足と運動靴のニオイ対策

足と運動靴のニオイ対策

Kekyalyaynen/Shutterstock.com

子どもの足のニオイを解決するには、足と運動靴それぞれの原因に対処する必要があります。

素足のニオイ対策はやはり清潔にすることです。指と指の間が汚れていないか、足の爪が伸びすぎてゴミや垢がたまっていないかなどをチェックして、しっかり清潔に保つことが大切です。とはいえ、あまりゴシゴシとこすりすぎて皮膚を傷つけてしまうと、より雑菌を繁殖させやすくしてしまうので気をつけて洗うようにしましょう。また、子どもの足の爪の間には砂や汚れが詰まっていることが多いので、使わなくなった歯ブラシなどを使用して汚れを落とすよう子どもに教えてあげてください。

運動靴のニオイの対処法は使用するたびに洗うのが一番ですが、それはなかなか大変です。できれば靴を2足以上用意して毎日同じ靴を履かないようにし、履いた靴は一日程度陰干しして乾かしましょう。この際に消臭・除菌スプレーを10回程度噴霧し、しっかり乾燥させるとニオイも菌も取り除くことができるので、こまめに清潔にしたいという方におすすめです。

毎日足を丁寧に洗う習慣を子どもに教え、暑くても靴下を履かせて裸足に運動靴という状態をつくらないようにしましょう。