ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
オークションで手に入れたアンティークドール。なんてかわ・・・、えっクサイ!?
出典 : Michal Zieba/Shutterstock.com

オークションで手に入れたアンティークドール。なんてかわ・・・、えっクサイ!?

ずっと憧れ続けたアンティークドールがやっと手元に! しかし、抱えた人形からは嗅ぎなれないニオイがして、ウキウキしていた気持ちが一気に沈んでしまいました。我慢しがたい独特なニオイは消し去ることができるのでしょうか?

  • ライター1

オークションでやっと手に入れたフランス製のアンティークドール、大切なママの宝物です。ところが、手元に届いて箱を開けた瞬間に異臭が。ほこりやカビ、嗅ぎなれないタバコやスパイスのようなニオイ。どうにも我慢できない悪臭がアンティークドールにまとわりついています。

アンティークドールは、個体差はありますがどうしても独特なニオイがします。それまでどんな環境に置かれていたのか、持ち主の保管状況などによっても様々なニオイが付着します。天然素材の古い服やウィッグなど、カビや害虫の被害に遭いやすい素材が用いられていることもあり、カビ臭や雑菌臭などが蓄積していることも考えられます。また、フランスで作られたそのドールが、その後もフランス人の手元にあったのなら、日本とは違う生活臭がしみ付いている可能性もあります。もちろん、それ以外の国でも同じことがいえます。

アンティークドールのニオイ対策としては、風通しの良い日陰で数日外気にあててみましょう。ニオイがつきやすい布製品の洋服は、除菌・消臭スプレーを5回程度吹きかけて乾燥させましょう。ただし、繊細な素材を使っている場合も多いので、目立たないところで試して、生地に異常がないか確認してから使用しましょう。古い洋服で劣化が激しい場合は破れやすくなっているかもしれないので、専門のクリーニング店にお願いした方がいいでしょう。

大切なアンティークドールには、カビや害虫を寄せつけないよう保管や飾る場所の湿度と環境に気をつけて、愛らしい姿を楽しみましょう。ケースの中に飾るなら、防虫剤や乾燥剤をスカートの中にしのばせておくといいですね。