ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
鍋つかみの洗濯方法は?洗濯機での洗い方、手洗いの仕方、重曹を使った洗い方まで

鍋つかみの洗濯方法は?洗濯機での洗い方、手洗いの仕方、重曹を使った洗い方まで

食材や料理に直接触れてないから汚れてないと思いがちな「鍋つかみ」。でも意外と、料理の拭きこぼれや油などを吸い込んで汚れているってご存知ですか?鍋つかみの洗い方を「洗濯機」「手洗い」「重曹」を使ったケース別にご紹介します!いつも清潔な鍋つかみで楽しく料理に励みましょう!

  • 創文舎 hamo

鍋つかみは洗うモノ?

鍋つかみは洗うモノ?

食欲の秋。あっさりメニューに偏りがちだった夏も終わり、これからの季節はお鍋料理やオーブン料理が多くなってきますね。そこで活躍するのが鍋つかみ。
近頃は、アウトドアクッキングで脚光を浴びたスキレットも家庭で普及しだし、ますます活躍するシーンが多くなりそうです。
さて、そんな鍋つかみですが、最近いつ洗ったか覚えているでしょうか?

鍋つかみは消耗品と割り切って安価なものを購入し、汚くなったら捨てて買い替えるという家庭や、鍋つかみをどのタイミングでどう洗ったらよいかよくわからないという家庭など様々なようです。

鍋つかみは、食品に直に触れる目的では作られていませんが、性質上、料理の間近で使用することが多く、料理の吹きこぼれや油、汁、焦げなどが付着しやすいものです。
ついた汚れを放置したまま使用していると、当然汚れは取れにくくなりニオイもしみ付いてしまいます。また、ミトン型の鍋つかみは手を差し入れて使用するので、手についた汚れや手垢、手汗などを内側から吸収し、尚且つ、分厚い生地で覆われた内側は通気性が悪く湿気がこもりがちです。
結果的に雑菌が繁殖しやすくなり、料理のニオイ以外の悪臭も発生してしまうのです。

おそらく、鍋つかみを定期的に洗う習慣がある家庭は少ないのではないかと思いますが、鍋つかみこそ、じつは、洗うべきもの。
ほかの調理用具と同じように汚れが気になったら洗う習慣をつけたいものです。

鍋つかみの洗い方

鍋つかみの洗い方

鍋つかみを洗う際には、いくつかの方法があります。ただし、製品によっては洗えるものと洗えないものがあるので、洗濯表示を確認してから洗うようにしましょう。
水洗いOKのものは、洗濯機で洗うこともできますが、食べ物由来のしつこい汚れがつきやすい鍋つかみは手洗いすることをおすすめします。
実際に鍋つかみについている汚れの種類や、その程度によって、使い分けるようにしてください。

洗濯機を使う場合

汚れが軽微で、洗濯機で洗えるタイプの鍋つかみは、他の衣類と一緒に洗うことができます。
ただし、熱に弱い素材を使っている場合は、乾燥機能は避けましょう。

1 通常の洗濯機能を使って洗濯します。
2 脱水が終わったら形を整え、普通に干します。
3 アイロンをかけるときは中温(150℃以下)にします。

手洗いをする場合

汚れがひどいときや、他の洗濯物と一緒に洗いたくない場合は、手洗いをしましょう。

1 ホコリやススを集めやすい布製鍋つかみ。まずは、水に浸ける前に表面についたゴミを払い落としましょう。
2 洗面器かバケツに鍋つかみが浸る程度のぬるま湯をはり、ゆっくりと沈めます。全体がしっかり浸かるようにして、水を含ませましょう。
3 台所用石けんを使い、全体をやさしくもみ洗いします。汚れがひどい部分はつまみ洗いし、丁寧に汚れを落としていきましょう。鍋つかみは厚みのある頑丈な生地でできていますが、洗うときは力を入れず、ソフトに扱うことがポイントです。
4 汚れが落ちにくい場合は、ここで30分〜1時間ほど漬け置きします。少し多めの石けんを使い、泡立てた状態で浸けておくと良いでしょう。
5 洗い終わったら十分にすすぎ、石けんを落とします。

熱湯と重曹でさらに完璧な仕上がりに

手洗いをした後は、熱湯と重曹を使って殺菌消毒をするとさらに清潔を保てます。
ただし、洗濯と同じく熱に強い素材かどうかや、ワッペンなど剥がれやすいものがないかなど、事前に確認を忘れずに。

1 洗面器などに鍋つかみを入れ、そこに熱湯をかけていきます。熱湯がまんべんなくあたるよう、回しながらかけていくと良いでしょう。
2 熱湯が全体に行き渡ったら、そこに大さじ1を目安に重曹を投入し、その状態で30分ほど待ちます。
3 時間になったら取り出し、軽く絞ってからタオルに水分を吸収させます。もしくは、洗濯機の脱水機能を使っても構いません。
4 水気が飛んだら、干して乾かしましょう。

ニオイが残ってしまったら消臭スプレーを!

ニオイが残ってしまったら消臭スプレーを!

bysora/Shutterstock.com

汚れが深く浸透していたり、内側に雑菌が発生したりしていると、洗ってもなかなかニオイが取りきれない場合が多々あります。そんなときは、陰干し前に布用消臭スプレーファブリーズを5~10回噴霧してみてください。
雑菌に対し99.9%の除菌力をもつファブリーズは、脱水後の洗濯物に吹きかけてから乾かすことで、生乾き状態で繁殖する雑菌の発生を抑制し、繊維の奥に絡みついたニオイ分子に働きかけ、ニオイを元からしっかり消臭します。

ただし、消臭スプレーはあくまでニオイに関する問題の解決策であり、油汚れなどを元から落とすものではありません。何回も使っていると、スプレーの薬剤と汚れが一体になってさらにベタつくことにもなってきますので、定期的に洗うことを心がけてください。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

鍋つかみの洗い方のまとめ

ますます食べ物がおいしくなる季節、汚れもニオイもしっかり落とした清潔な鍋つかみで、アッツアツのおいしいお料理を楽しみましょう!

その他のキッチンに関する情報はこちら