ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
癒しの効果満点のアクアリウム、でも何となく部屋全体が生臭い…
出典 : Zakhar Mar/Shutterstock.com

癒しの効果満点のアクアリウム、でも何となく部屋全体が生臭い…

大きな水槽に水の中の世界を再現したアクアリウムが我が家の癒し。でも、訪ねて来る人は独特のニオイを感じるようで…。空気に漂っている生臭いニオイをどうにか消して、お客さんと一緒に水の中の世界を楽しみたいですね。

  • 創文舎 hamo

住人は気がつかない水槽のニオイ

住人は気がつかない水槽のニオイ

Madhourse/Shutterstock.com

仕事、家事、育児に近所付き合い、親族のご機嫌伺いに、家計の心配。ストレスが多い一日の最後に癒しのひとときを与えてくれるアクアリウム。水槽に張られた水の中に、水草や流木、石、観賞魚などで川や湖の中の世界を表現します。作り込んでいく作業自体も楽しく、苦労して仕上げた水の世界は、家族以外にも見てほしくなりますね。
そんなアクアリウムですが、水槽の中は生き物や植物などの有機物でいっぱい。有機物があるということは、当然そこにはニオイが発生しやすくなります。

水槽から発生するニオイ

土のようなニオイ

水をろ過し、きれいに保つためのバクテリアが繁殖しているニオイ。

生臭いニオイ

飼育している熱帯魚等のニオイ。個体数や種類によってニオイの強度が違います。

カビのような刺激臭

藍藻という水槽に張りつくように生える藻が発生すると、鼻にツンとくる刺激臭がします。

腐敗臭

エサのやり過ぎなどにより水槽内でエサが腐敗している可能性があります。

しかしながら、毎日そこで暮らしている自分たちはそのニオイに気づかないことが多いようです。家そのものにつく生活臭と同じように、嗅覚が水槽のニオイに慣れてしまい感じなくなってしまうのです。当然、家にやってくるお客さんたちの鼻には水槽が放つ独特のニオイが届いてしまっているはず。「生臭い家」と思われないように、消臭対策を講じておきましょう。

生臭さを消す3つの方法

生臭さを消す3つの方法

otan/Shutterstock.com

炭を置く

ニオイを吸着する効果をもつ炭。除湿や防カビ効果もあるので、水槽の近くにインテリアのように置いておくだけでも効果があります。消臭効果が薄れてきたら、お湯で洗ったり天日干しすると復活します。

グラスに酢を入れておく

酸性の酢は、アルカリ性のニオイである「生臭さ」によく効きます。グラスに市販の穀物酢など(甘味や風味付けなどが入っていないもの)を入れて水槽の側においておくだけで生臭さを軽減します。

置き型消臭剤を設置する

置き型消臭剤ファブリーズなら、独自開発の「ニオイキャッチゼリー」が空気中に漂うニオイ分子を捕まえ、ゼリーに配合されている消臭成分がニオイを中和し無臭化します。また、防カビ効果の高い「森林フィトン」を配合しているので、カビなどの雑菌の繁殖を抑える効果もあります。湿気を帯びやすい水槽の周りに置いておくことで、消臭と防カビのどちらの効果も期待できます。水槽のニオイと混ざり合わない無香タイプがおすすめです。

水槽のそばにそっと置いておくだけで消臭できるなら、アクアリウムの雰囲気を壊すことなく生臭さだけを吸収してくれそうですね。ファブリーズは、インテリアに合わせて縦置き・横置き・寝かせ置きと3タイプの置き方が可能です。

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)