ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
脱衣所と兼用のランドリースペース。洗剤と下水、カビの混沌としたニオイと闘う
出典 : Andrey_Popov/Shutterstock.com

脱衣所と兼用のランドリースペース。洗剤と下水、カビの混沌としたニオイと闘う

窓がなく風通しがあまりよくない環境が多いランドリースペース。洗面台や洗濯機の排水溝や汚れた衣類のニオイなど、複数の悪臭が入り混じり、何とも言えない不快なニオイが渦巻いています。脱衣所と兼用の場合はさらに湿気がたまりやすくカビも心配です。ニオイとカビの悩みを解決するにはどのような方法があるでしょう。

  • 創文舎 hamo

ニオイだらけのランドリースペース

ニオイだらけのランドリースペース

Zastolskiy Victor/Shutterstock.com

最近の新築一戸建てのランドリースペースは、バスルームや脱衣所から独立し、広いスペースを確保している間取りが多くなってきているようです。しかしながら、まだまだマンションや多くの戸建住宅では、バスルームと続き洗面所と洗濯機が同居する、脱衣所兼ランドリースペースが多いのではないでしょうか。あまり広くないスペースに、これらの設備がすべて揃うと様々なニオイが発生してしまいます。

ランドリースペースにおける悪臭の要因

●バスルーム・洗面台・洗濯機の排水溝
●洗濯漕の汚れ・カビ
●汚れた衣服
●洗濯機や洗面所の隙間にたまるホコリ
●洗剤のニオイ
●部屋干ししている洗濯物

etc…

水回りが集まるスペースなので、湿気やカビ由来のニオイが多く、そこにホコリや汗・皮脂、洗剤などのニオイが混ざり合い、一言では言い表せない混沌とした悪臭を感じることになります。

ランドリースペースのニオイとカビ対策

Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com

 ニオイの原因だらけのランドリースペースですが、毎日の暮らしの中の一工夫で、ニオイやカビの発生を低減することができます。

お風呂上りの一工夫

お風呂から上がる前に、50℃くらいの熱めのシャワーでバスタブや壁・床を洗い流します。その後、水に切り替え再びシャワーを全体にかけて温度を下げます。仕上げに水滴をバスタオル等で拭き取り換気扇のスイッチを入れましょう。
石けんカスや皮脂・垢をエサにするカビや雑菌の増殖を抑制する効果があります。

排水溝のニオイ防止

洗面所やバスルームの排水溝は皮脂や髪の毛がたまりやすく、それをエサにする雑菌やカビが増えやすい場所です。また、手が届かない排水管の中にもカビや藻などが発生しやすくなっています。
ニオイが気になってきたら、市販の洗浄剤を使用するか、殺菌力のある熱湯を流し、アルコール等で消毒すると効果的です。

洗濯機のフタ

洗濯機の中は湿気がこもりやすくカビが増えやすい環境です。洗濯が終わった後は、フタを開けっ放しにして極力乾燥するように心がけましょう。洗濯物も洗濯機に直接放り込まず、通気性の良いカゴなどにためて、洗濯する時に洗濯機に移すようにします。

置き型消臭剤を設置する

狭い空間で威力を発揮するのが置き型の消臭剤です。置き型消臭剤ファブリーズなら、空間に漂うニオイ分子を吸収する、独自開発の「ニオイキャッチゼリー」が、イヤなニオイを分解し、中和させることでニオイ自体を消し去ります。ニオイの種類を問わず高い消臭効果を発揮するので、複雑に混ざり合ったランドリースペースの消臭にもぴったりです。
また、カビの発生を抑制する、「森林フィトン」と同成分を配合しているので、カビ対策にも有効です。
できることからはじめて、ニオイやカビのいない快適な空間づくりを目指しましょう!

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)