ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
子どもが大好きな布絵本。ただ、洗濯しにくいのが問題です
出典 : Daniel_Dash/Shutterstock.com

子どもが大好きな布絵本。ただ、洗濯しにくいのが問題です

指先を使って遊べる布絵本紙のように破れることもなく、小さな子どもに預けておいても安心。わが子も大のお気に入りで、お出かけのときも寝るときも手放しません。そのためか、いつもよだれでしっとりと濡れています。「洗っても大丈夫なの?」という人のために、洗濯方法と合わせて、手軽なお手入れ方法をご紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

なめても噛んでも安心の布絵本だけに、衛生面の管理は重要

やわらかくて、軽い布絵本は、1歳以下の赤ちゃんでも安心して楽しめる知育玩具です。つかんだり、なめたりできるパーツがあるものや音が鳴るものなど、視覚・触覚・聴覚といった「知覚」に訴える工夫がなされているのが特徴で、中には噛むことを想定して、角の部分に歯固めの素材を使っているものもあります。好奇心旺盛な赤ちゃんは、見るもの、触れるものは何でも口に入れてしまうため、布絵本はつねに濡れた状態です。そのままでは菌やカビが繁殖し、悪臭の原因にもなり兼ねません。基本的には赤ちゃんが使うものなので、洗濯できるものがほとんどですが、問題は洗いにくいこと。何より脱水機をかけられないので、乾かすのに時間がかかってしまいます。手早く、汚れとニオイを取り除くためには、除菌効果のある消臭スプレーが効果的です。

なめても噛んでも安心の布絵本だけに、衛生面の管理は重要

Andrienko Anastasiya/Shutterstock.com

布絵本のお手入れ方法

凝ったものほど赤ちゃんは喜びますが、それだけお手入れにも気を遣います。丸洗いOKでも、使う度に洗うわけにもいきません。汚れやニオイがひどくならないよう、日ごろのケアも大切です。

1.使用後のケア

赤ちゃんがなめたり、噛んだりした部分はぬるま湯に浸してしぼった清潔なタオルでていねいに拭き取り、できれば天日干しをしてください。湿ったままだと、菌の繁殖により、ニオイも発生してしまうので、しっかり乾かすこと。使う度に行うと、衛生的です。

使用後のケア

Michael Wick/Shutterstock.com

2.手洗いする

汚れが目立ってきたら、通常の洗濯洗剤をよく溶かした水かぬるま湯で手洗いします。しっかりすすいで洗剤が残らないよう気をつけましょう。すすいだ後は、しぼらずに乾いたタオルを押し付けて水気を切り、形を整えてから陰干しをします。多少時間はかかっても、完全に乾いてから使ってください。なお、商品によっては洗濯できないものもあるので洗濯表示は必ず確認すること。

手洗いする

schab/Shutterstock.com

3.布用消臭スプレーを使う

凝った仕掛けが魅力の布絵本は、丸洗いOKのものでも、頻繁に洗うと劣化してしまうため、布用消臭スプレーを使ったお手入れが手軽で効果的。赤ちゃんが使うものには、無臭のタイプがおすすめです。除菌効果があるものなら、菌の繁殖も抑えられます。布絵本なら全体に2~3回程度吹きかけましょう。毎日使えば、除菌効果もアップします。

一般的に赤ちゃんが使うおもちゃなどの消毒は生後6カ月が目安と言われています。初めての育児は神経質になりがちですが、そのぐらいから消毒頻度を減らしても大丈夫! 心に余裕を持って、赤ちゃんとの暮らしを楽しみましょう。