ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
みんなでランチを楽しむ女子用休憩室。でも、部屋にこもったニオイが気になります
出典 : romakoma/Shutterstock.com

みんなでランチを楽しむ女子用休憩室。でも、部屋にこもったニオイが気になります

午後からもうひとがんばりするためにも、ランチタイムは貴重な時間です。お弁当を食べながら、同僚たちと楽しむおしゃべりがいい気分転換に。そんなひとときに水を差すのが、休憩室に充満した不快臭。これでは、仕事のモチベーションが下がっても仕方ありません!

  • 創文舎 arisa_125

ランチタイムに水を差す休憩室の不快臭

エアコンのカビ臭に、香水やヘアスプレー、それに体臭など、女子専用とはいえ、みんなが使う休憩室はいろいろなニオイが入り混じります。カーテンや絨毯をはじめ、テーブルや椅子、天井、壁などに染みついたニオイ分子が、人が集まる場所では気温の上昇にともなって活発に飛び交い、悪臭が部屋中に広がるのが原因です。お客さまが利用するスペースと違って、自分たちが使うスペースはどうしても環境整備がおろそかになりがち。休憩室は一息入れる場であり、同僚たちとランチを楽しむ場でもあるため、気持ちのいい空間にしたいと思うのは他のみんなも同じです。エアコンのメンテナンスなど会社のサポートも必要ですが、ちょっとした工夫があれば自分たちでも休憩室をさっぱりした空間に甦らせることができます。休憩室の居心地がよくなると、仕事ももっとがんばれそうですね。

ランチタイムに水を差す休憩室の不快臭

Tataya Kudo/Shutterstock.com

休憩室の消臭対策

仕事の能率を上げるためには、職場環境の充実も大切です。みんなが使うものだから。みんなで力を合わせて、休憩室の不快臭を取り除きましよう。これまで以上にランチタイムが待ち遠しくなります。

1.酢を使ったふき掃除

酢を水で5倍程度に薄め、それを使って休憩室に設置されたシンクやテーブル、椅子などをふきましょう。除菌効果により、菌の繁殖を防ぎ、ニオイを抑制します。また、酢にはガラス製品の曇りを取る効果もあるので、窓ガラスをふけばピカピカになります。掃除には穀物酢、ホワイトビネガーなどが向いています。

酢を使ったふき掃除

Quinn Martin/Shutterstock.com

2.絨毯には重曹をまく

フローリングにも、絨毯にもどちらでも効果があるので、床は重曹をまいて消臭します。全体にまんべんなくまいたら、一晩置いて翌朝掃除機をかけて終わりです。重曹の粒子にニオイが吸着し、効果的に消臭できます。重曹は1㎏300円程度で買えるので、惜しみなく使えます。

絨毯には重曹をまく

Andrey_Popov/Shutterstock.com

3.置き型消臭剤を使う

もっとも手軽なのが、置き型消臭剤です。様々なニオイが混じった休憩室には、無臭の消臭剤が最適。ニオイは足元に溜まるので、低いところに設置するようにしましょう。広い休憩室であれば、数カ所に設置するとより効果的です。

男子禁制の休憩室とはいえ、ニオイは男子にも負けません。汗や体臭に混じって、香水やデオドラントの甘~い香りが漂う空間は、まさにスメルハラスメント。ときどき窓を開けて、空気の入れ替えをするだけでも、嫌なニオイが緩和されます。