ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
1年ぶりに出したコタツ布団。むせ返ったのは、こもったニオイが原因かも
出典 : TAMAGO_POTATO/Shutterstock.com

1年ぶりに出したコタツ布団。むせ返ったのは、こもったニオイが原因かも

寒くなる季節に備えて、1年ぶりに出したコタツ布団がクサイ! 天気のいい日を選んで、まずは湿気を取り除き、嫌なニオイを取り除きましょう。子育てが一段落した夫婦には、コタツは貴重なコミュニケーションの場です。

  • 創文舎 arisa_125

菌とカビからコタツ布団を守って、寒~い冬を乗り越えよう

軽くお手入れしただけで、押し入れにしまったコタツ布団。そろそろコタツの準備をと思い、1年ぶりに出してみたら、こもったニオイに思わずむせ返ってしまったという経験はありませんか? 通気性が悪く、湿気もホコリも溜まりやすい押し入れは、ニオイの原因となる菌の繁殖には絶好の環境です。長期間そこにしまってあったコタツ布団が菌の温床になっていても不思議ではありません。

しかも、菌の繁殖条件とカビの発生条件はほぼ同じなので、雨の多い年は、それにカビのニオイが混じることも。本来なら、しっかり天日干しをしたうえでしまうのが理想ですが、収納する時期は花粉が飛びかう時期でもあるので、そのまましまってしまう人も多いようです。ぬくぬくと温かい時間を楽しむためにも、コタツ布団のケアと消臭は寒くなる前にやってしまいましょう。

菌とカビからコタツ布団を守って、寒~い冬を乗り越えよう

Artens/Shutterstock.com

コタツ布団のケアと消臭対策

自宅で洗濯できるコタツ布団もあるので、洗えるなら丸ごと洗った方が清潔です。ただし、その場合はしっかり乾かすことが大切。少しでも湿り気が残っていたら、洗う前よりひどいニオイになってしまいます。

1.湿気を取る

湿気は菌とカビが発生する原因となるので、除湿はケアの基本中の基本です。天日干しが一番ですが、天気に左右されるため、それ以外の方法も知っておきましょう。

1.布団乾燥機や除湿機を使う

布団乾燥機はもちろん、除湿機も同様の効果を得られるので、おすすめです。しかも、除湿機は、コタツ布団の横に置くだけで、湿気を取ることができるほか、洗濯物の部屋干しなどにも効果があるので、1台あると便利です。

2.エアコンの風を当てる

布団乾燥機も除湿機もない時は、室内物干しやイスなどにコタツ布団をかけ、エアコンの風を当てるだけでも効果があります。

エアコンの風を当てる

Naypong/Shutterstock.com

2.スチームアイロンを使う

コタツ布団に染みついたニオイは、スチームアイロンをかけ、蒸気でニオイを飛ばすとともに、熱で菌を退治します。かけ終わった後は、湿り気が残るので、しっかり乾かしましょう。ふっくら感も取り戻せます。

3.石けんを入れる

コタツの中は使っている間も、湿気がこもりやすいうえ、足のニオイなど、悪臭が充満しやすい場所です。使い古しのストッキングに石けんを入れておくだけで、防臭と芳香の両方の効果を得られます。

石けんを入れる

belka_35/Shutterstock.com

4.布用消臭スプレーを吹きかける

洗いにくいものには、布用の消臭・除菌スプレーがおすすめです。除湿機やエアコンを使って乾燥させる前に、20回ほどコタツ布団全体に吹きかけておくと、除湿・消臭・除菌ができ、より効果的です。