ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
久々の秋晴れに車をピッカピカに洗車! 車内もしっかり掃除したら、プラスαを忘れずに。
出典 : Ben Schonewille/Shutterstock.com

久々の秋晴れに車をピッカピカに洗車! 車内もしっかり掃除したら、プラスαを忘れずに。

晴れ渡った秋の空は気持ちのいいもの。扉を開けっ放して秋の間に隅々まで車内を掃除しておくと、冬はちょっぴりラクできるかも。車内清掃の締めくくりはニオイの掃除もお忘れなく!

  • 創文舎 hamo

寒くなる前に車のプチ大掃除を

寒くなる前に車のプチ大掃除を

siam.pukkato/Shutterstock.com

近頃では、家の大掃除を秋にするのがよいといわれているようです。理由は、夏の間に増えたカビやダニの残骸が、乾燥し始める秋にホコリと一緒に舞い上がり、アレルギーや喘息の原因になるからだそうです。それは、家の中だけに限ったことではなく、車の中にもいえること。アウトドアレジャーを楽しんだ夏、グルメや紅葉を求めて出掛けた秋。夏から秋はドライブのハイシーズンです。車の中で過ごした時間が長い分だけ、汚れやゴミも蓄積されています。そのままにしておくと、暖房に切り替えた際、温かい空気でホコリやカビなどが飛散してしまいます。
さらに、年末の本格的な大掃除シーズンは忙しく、ほかの掃除を優先させて車まで掃除が出来なかったという声もよく聞きます。寒さが厳しくなる冬に外で掃除をするよりは、まだ陽が温かい秋のうちに掃除をする方が体力的にもラクですよね。寒くなる前に細かな掃除を終わらせて、年末は軽い掃除で終わらせるというのが賢い方法かもしれません。

効率的な車内清掃のポイント

用意するのは、家庭にある歯ブラシやローラータイプのクリーナー、濡らした雑巾などです。ホコリが溜まりやすいところを重点的に掃除しておくことで、あとの掃除がラクにできるようしていきましょう。

1 掃除機をかける

車内全体にくまなく掃除機をかけます。シートの隙間や樹脂部分などは口の細いノズルで吸い取りましょう。

2 シートのホコリを叩き出す

掃除機をかけ終わったらシートを軽く叩いて、内部にこもっているホコリを叩き出します。この時、車のエアコンを外気導入にしてスイッチを入れておくと自然に換気がされ、ホコリが車外に放出されやすくなります。仕上げにローラー式クリーナーで残ったホコリを取り除きましょう。

3 ホコリ取り&水拭き

運転席まわりなどのホコリを集めやすいところは、先にハンドモップ等でホコリを落としてから水拭きします。エアコンの吹き出し口やシフトレバーの隙間など細かい部分は歯ブラシや刷毛などを使ってホコリを取りましょう。

4 フロアマットの清掃

天気が良ければ朝一番にフロアマットを外し、ゴミやホコリを払って水洗いした後、天日干しで乾かしましょう。マットを外した状態で座席下やフロアに掃除機をかけ、細かいところまでホコリを吸い取ります。

5 仕上げはニオイの掃除

ホコリやゴミをきれいに掃除したら、車内のニオイもリセットしましょう。簡単に装着できるファブリーズの車のエアコン用イージークリップは、「食べ物」「ペット」「体臭」などの車内に漂うイヤなニオイをしっかり消臭し、香料オイルがさわやかな香りを素早く車内に広げます。

ニオイまで掃除すると車内環境は見違えるほどさわやかに。残り少ない洗車日和を逃さず、冬の前にしっかり掃除しちゃいましょう。

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ