ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ダイエットのために始めたジム通い。シャワーを浴びてから車に乗ったのに何だかクサイ…
出典 : takayuki/Shutterstock.com

ダイエットのために始めたジム通い。シャワーを浴びてから車に乗ったのに何だかクサイ…

意を決して通い始めたスポーツジム。汗はしっかりシャワーで流したのに、帰りの車の中にモワ~っと漂う汗のニオイ…原因は、バッグに詰めた汗だらけのスポーツウェアかもしれません。

  • 創文舎 hamo

スポーツウェアに増え続ける雑菌

スポーツウェアに増え続ける雑菌

Billion Photos/Shutterstock.com

体を動かして流す汗は爽快ですが、汗臭くなるのは考えものです。じつは、スポーツをした時に流れるポタポタと滴る汗は、体温調節のために出るあまりニオイのしない汗。しかし、車内に広がる汗臭いニオイの発生源は明らかに汗の染み込んだスポーツウェアから漂ってきます。ニオイのしないはずの汗からなぜ不快臭がするのでしょうか。その理由は汗を媒介に増える雑菌にあります。私たちの皮膚には何もしなくても、常在菌と呼ばれる菌が1平方cmあたり10万個以上存在しているといわれています。その常在菌がスポーツウェアに移り、汗と皮脂や垢などのタンパク汚れ、そして体温が合わさることで繁殖しイヤなニオイを出しているのです。

速乾性素材のスポーツウェアは臭くなりやすい?

速乾性素材のスポーツウェアは臭くなりやすい?

Patramansky Oleg/Shutterstock.com

速乾性をうたうスポーツウェアは着心地もよく、汗も吸収しやすいため運動する人には人気の機能素材です。しかし、吸収した汗がすぐに蒸発していく一方で、ニオイの成分は繊維に残って蓄積されます。その結果、速乾性素材でできたウェアの中にはニオイが強くなるものもあるそうです。ウェアのニオイが気になる場合は、下に一枚、綿などの天然素材の下着を着ると吸水性がよく汚れも吸着してくれるので、ウェアにニオイが集中するのを防いでくれます。

車に汗のニオイをつけない予防策

ニオイがプンプンするウェアをそのまま積み込んでは、車の中にも不快なニオイが広がりますし、シートに染み付いてしまっては大変です。スポーツバッグなどに直接入れるのもバッグにニオイが移ってしまいます。ニオイ移りを防ぐためには、着た後のウェアは、脱いだ直後にビニール袋などに入れ、口をしっかり閉じてから車に持ち込むようにしましょう。
念のため、車のエアコン吹き出し口にファブリーズの車のエアコン用イージークリップをセットしておくと汗のニオイが広がっても素早く消臭し、さわやかな香りで車の中を満たしてくれます。また、イージークリップには香りを調節できるつまみがついているので、汗臭さを感じたらつまみを中~強に合わせると、消臭効果も香りも強くすることが出来ます。

せっかく始めたスポーツジム、行きも帰りもさわやかな気分で通いたいものです。体と心を健やかに保つ、運動習慣と消臭習慣は是非とも続けていきたいですね。

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ