ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
週末ゴルフで、車内に残る加齢臭。夫が使った後の車は、運転するのがツライ!

週末ゴルフで、車内に残る加齢臭。夫が使った後の車は、運転するのがツライ!

週末ゴルフを楽しむ夫。土日だけの運転とはいえ、夫が使った後の車内には加齢臭が充満し、平日に車を使うことの多いママはお手上げ状態です。車内の消臭は必須ですが、夫の加齢臭を抑制しない限り、根本的な解決にはなりません。消臭対策とともに加齢臭の予防についても考えてみましょう。

  • 創文舎 arisa_125

本人不在でもしばらく残るしつこい臭気

戸外で過ごすのが気持ちいい秋を迎え、夏は暑いからと避けていた週末ゴルフに精を出す夫。運動不足解消になればと、初めの頃は快く送り出していたものの、最近は夫が使った後の車に乗るのが苦痛で、週末が近くなると憂鬱な気分になってしまいます。その理由は、車内に残った夫の加齢臭。狭い車内はニオイがこもりやすく、ゴルフ場までの距離を長時間かけて移動すれば、たっぷりかいた汗がシートに染みつき、加齢臭と汗のニオイとのダブルパンチ。子どもの塾の送り迎えや買い物に、毎日のように車を使うママにとっては、受け入れがたい試練です。40歳くらいから増えるといわれる加齢臭は、毛穴に詰まった皮脂が酸化して発生するノネナールという悪臭物質によるもの。発生箇所は頭・胸元・脇・背中・首回り・耳の後ろと、主に上半身に集中しており、衣服などにつくとなかなか取れないのが悩みです。消臭効果を高めるためにも、まずは皮膚の乾燥や偏った食生活、飲酒・喫煙など、ノネナールの発生原因そのものを改善することが大切。そのうえで、車内の消臭&防臭対策に取り組みましょう。

本人不在でもしばらく残るしつこい臭気

photka/Shutterstock.com

加齢臭の予防とニオイ対策

「あれ? なんかクサイ」と思ったら、加齢臭を疑いましょう。 会社の人に気づかれないよう、日ごろから夫の枕やスーツをチェックして、早め早めに対処するのも妻の務めです。

1.ボディケア

ママと違って、入浴はカラスの行水程度というパパも多いのではないでしょうか。加齢臭を抑えるためには、シャワーで軽く洗い流すだけでなく、石けんやボディソープを使って首回りをはじめとする上半身を、とくに意識して洗うよう促しましょう。洗い終わったら、湯船につかって新陳代謝を活発にするとより効果的です。入浴後は、消臭効果のあるミョウバン水を、汗をかきやすいところや皮脂腺のあるところに塗ると、汗のニオイとともに加齢臭を抑制できます。食品にもよく使われるミョウバンは、スーパーや薬局に行くと100円くらいで手に入ります。

【ミョウバン水のつくり方】

ペットボトルに1500mlの水を入れ、ミョウバン50gを溶かし、一晩置きます。スプレー容器に約20倍に薄めたミョウバン水を入れて使いましょう。ミョウバン水は冷蔵保存で約1ヵ月持ちます。

ボディケア

MyImages - Micha/Shutterstock.com

2.生活習慣の見直し

食事、運動、生活リズム、精神面の乱れなども加齢臭が発生する原因になります。食事は動物性脂質の多い食べ物を減らし、緑黄色野菜や果物を多く摂れるよう、毎日のメニューを見直しましょう。酒、タバコの悪影響は言うまでもありませんが、飲むなら赤ワインがおすすめです。また、適度な運動、十分な睡眠、ストレス発散など、心身ともに健康な状態を維持することが加齢臭の抑制につながるため、日ごろからの健康管理が重要です。

生活習慣の見直し

Viktor1/Shutterstock.com

3.衣類の消臭

加齢臭は、首回りなど、発生箇所が上半身に集中しているため、ワイシャツやポロシャツなどの衣類に染みつき、普通に洗濯してもなかなか落ちません。そのため、消臭効果のある酸素系漂白剤や重曹を使って洗濯しましょう。どちらも30分~1時間ほどつけ置きして洗うとより効果的です。

4.車用消臭剤を使う

ニオイをつけないため、そしてついたニオイを効果的に取るためには、車用消臭剤が手軽で便利です。しつこい加齢臭には消臭パワーが持続するものがおすすめです。ほのかな香りを楽しめるものを選ぶと、気分もリフレッシュできます。