ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
あこがれの一人暮らしも、現実は厳しいもの。荒れたマイルームからはイヤ~なニオイも…
出典 : aodaodaodaod/Shutterstock.com

あこがれの一人暮らしも、現実は厳しいもの。荒れたマイルームからはイヤ~なニオイも…

一人暮らしを始めてから約半年。バイトやサークルと、忙しすぎて掃除がままならず、当初は整然としていたマイルームも今や見る影もありません。自分は、まさかのズボラ女子!? 名誉回復のためにも、掃除&消臭で、学生生活をリスタートしましょう。

  • 創文舎 arisa_125

バラ色の学生生活もマイルームの悪臭で台無し!?

親元を離れ、大学や専門学校など、新たな生活をスタートさせてから約半年が過ぎました。あこがれの一人暮らしに胸を高鳴らせ、開放感に浸っていたのも束の間、学校が終わったら、バイトにサークル、友だちづきあいに忙しく、たとえ女子でもマイルームは荒れ放題。実家にいた頃は、何ごとも母親任せで、いまさらながらそのありがたみを実感している人も多いのではないでしょうか? よく、「ホコリで人は死なない」と言いますが、命に関わることはなくても、掃除を怠った代償は思いのほか大きいもの。なぜなら、ホコリまみれの部屋は菌の温床であり、悪臭の発生源だからです。そうなってしまうと、せっかくの一人暮らしも台無し。手がつけられなくなる前に、一念発起して大掃除に取りかかりましょう。一度、コツをつかんだら普段の掃除もそれほど苦ではなくなります。染みついたニオイを落とせば、リスタートの準備も完了です。

バラ色の学生生活もマイルームの悪臭で台無し!?

Gemenacom/Shutterstock.com

マイルームの清掃とニオイ対策

「使い終わったらすぐしまう」「食器は溜めないですぐ洗う」「乾いた洗濯物は畳んですぐしまう」など、何ごとにも「すぐ」対応すれば、部屋も散らからないし、掃除も楽です。思い立ったが吉日、ただちに実践しましょう。

1.しっかりと換気する

換気は空気清浄の基本です。掃除の時はもちろん、天気のいい日は10分でもいいので、学校に行く前に窓を全開にして空気を入れ換えましょう。部屋のニオイを外へ逃すためにも、換気は大切です。

しっかりと換気する

quadshock/Shutterstock.com

2.重曹を使う

掃除機をかけて、拭き掃除をしてもそれほどニオイが取れない場合は、重曹を使って消臭しましょう。ニオイを吸収しやすいカーペットやラグには、重曹の粉をふりかけて、一晩置き、翌日、掃除機をかけて吸い取れば、ニオイが気にならなくなります。また、汚れが気になるところには、水100㎖に対して小さじ1の割合で重曹水をつくり、スプレーボトルに移して吹きかけるといいでしょう。ビニールクロス、シンク、風呂場と、あらゆるところに使えるため、備えておくと便利です。なお、重曹はドラッグストアやホームセンター、大型スーパーなどで、500g入りのものなら400円程度で手に入ります。

3.酢を置く

酸性の酢は、油や汗などのアルカリ性物質を中和してくれるため、部屋にただ置くだけで、ニオイが軽減されます。おしゃれなグラスに注いで、インテリアのように飾っておきましょう。さらに、1対1で水と割ると、テーブルや床についた油をきれいに拭き取ることができます。

酢を置く

kellyreekolibry/Shutterstock.com

4.布用消臭スプレーを使う

カーテンや布団、枕、ベッドのマットレスなど、洗いにくいものには、布用消臭スプレーが手軽で便利です。除菌効果のあるものなら、ニオイとともに菌の繁殖も抑えられ、一石二鳥! カーテン20回、布団20回、枕5回、マットレス15回(上面)を目安に噴射しましょう。