ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
防寒着を出そうと、久々に開けたクローゼット。ニオイが気になる! 手軽に予防するには?
出典 : https://www.shutterstock.com/

防寒着を出そうと、久々に開けたクローゼット。ニオイが気になる! 手軽に予防するには?

今朝はずいぶん冷え込んで、防寒着が必要な季節がやってきました。衣替えのために、シーズンオフの衣類をしまってあるクローゼットを久々に開けたところ、何とも嫌なニオイが! クローゼットのニオイ対策はどうしますか?

  • 創文舎 mokabe

クローゼットの中のこのニオイってなに?

クローゼットの中のこのニオイってなに?

Kostikova Natalia/Shutterstock.com

一日一日秋が深まり、ウールのカーデガンやコートが出番を待っています。気温の変化が激しい季節ですから、子どもの衣類には気を配ってあげたいですね。ところが、取り出した衣類から、妙なニオイが…。

このニオイの原因として考えられるものが、いくつかあります。1つは、クローゼット内の湿気によって、繁殖したカビや雑菌。2つ目が、溜まったホコリ。3つ目が衣類そのものについたニオイです。


嫌なニオイの防止方法は?

クローゼット内のニオイを防止するためには、ニオイの原因になるものを取り除くしかありません。まずは掃除機でホコリを吸い取り、床や壁を水拭きし、しっかり換気をして乾燥させます。普段でも、扉を開けておく時間を作ると、空気がこもりません。
クローゼット内の衣類が、隙間なくぎっしりとかけてあると、換気が上手くいかない場合があります。多すぎる場合は、衣類の一部を取り出してほかに移し、空気の通る隙間を作り、換気しやすい状態にするとよいでしょう。これで、クローゼット内の湿気とホコリの問題は解決できます。


衣類についているニオイにも注意!

衣類についているニオイにも注意!

Kostikova Natalia/Shutterstock.com

衣類そのものにニオイの原因がある場合、それがクローゼット内に広がってしまっている可能性があります。
一日着ていた服には、意外にさまざまなニオイが染み付いています。汗臭さや香水の香り、タバコのニオイ、食べ物のニオイなどが残っていないかチェックして、個別に洗濯したりクリーニングに出しましょう。

せっかく掃除や換気をして、クローゼット内のニオイを追い出しても、衣類自体にニオイが残っていると、またそれがニオイの発生源となってしまいます。また、その日着用していた服は、すぐにクローゼットにしまわず、一晩陰干しして湿気やニオイをとってから、収納しましょう。

クローゼットニオイ対策の仕上げは部屋用置き型消臭剤

クローゼットニオイ対策の仕上げは部屋用置き型消臭剤

仕上げとして、ニオイを追い出したクローゼット内に、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤を置きましょう。ファブリーズ独自のテクノロジー「ニオイキャッチャーゼリー」がニオイの元に直接働きかけて、しっかり消臭します。どこに置いても邪魔にならないデザインでたて置き、よこ置き、寝かせても置けるので、狭いクローゼット内でも置き場所に困りません。


新しい季節の衣類を、心地よく身につけたいから、クローゼット内の消臭はしっかり実行しましょう!