ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
こたつがなんだかクサイ…こたつ布団のお手入れしてる?
出典 : Tupungatoo/Shutterstock.com

こたつがなんだかクサイ…こたつ布団のお手入れしてる?

寒い冬は、こたつが大活躍。毎日、家族が自然と集まる人気スポットですね。気になるのが、こたつ布団のケアです。シーズン中は、ほとんど洗わないという家庭も多いのではないでしょうか? ニオイが気になる前に、お手入れしておきたいもの。そこで、今すぐできるお手入れ方法を紹介します。

  • abe

こたつ布団のニオイの原因

こたつ布団のニオイの原因

Koldunov/ Shutterstock.com

食事する時、お昼寝する時…様々なシーンで使われるこたつ。こたつ布団には、汗やホコリ、食べカスなどの汚れがついています。これらの汚れから雑菌が繁殖して不快なニオイになるのです。洗濯などのケアをきちんとしなかったら、ニオイはさらにきつくなるのは避けられません。

こたつ布団のニオイケア

ホコリを払ってから洗う

ホコリを払ってから洗う

Rainer Fuhrmann// Shutterstock.com

準備
まずは、ホコリや食べかすなどの汚れを落としましょう。叩いてから掃除機をかけることで、ホコリやダニも除去しやすくなります。次に、洗濯用絵表示を見て、洗えるか確認してください。

家で洗濯する場合、おしゃれ着用の洗剤がおすすめ。なければ普通の洗剤でもかまいませんが、淡い色のこたつ布団ならば蛍光剤配合のものは避けたほうがいいです。蛍光剤配合のものは白いものをより白くみせる効果があるので、淡い色のものに使うと色褪せて見えてしまうことがあるのです。シミがある場合は、先に部分洗い洗剤でケアしておきましょう。

洗濯機
ドラム式の場合は、「大物洗いコース」や「毛布コース」で洗いましょう。ない場合は、「手洗いコース」でも大丈夫です。縦型の洗濯機の場合、あまり大きな布団を洗うのに向いていないので故障の原因になることも。汚れた部分が外側になるよう、丸めて洗濯ネットに入れてください。消臭・除菌効果を高めたい時は、洗剤に酸素系漂白剤もプラスしてください。ふんわり仕上げたい時は、柔軟剤もおすすめ。肌触りが良くなります。

お風呂で洗うこともできます。浴槽にぬるま湯をためておしゃれ着用洗剤を溶かし、汚れた部分が外側になるように布団をたたんで入れたら、その上に乗って足踏み洗いをしましょう。お湯が濁ってきたら、布団の汚れがでてきた証拠。きれいなお湯に取り換えて、再度浴槽の中で足踏みしてください。

乾燥
しっかりと絞ってから、自然乾燥させます。1日~2日は干しておいた方がいいでしょう。また、洗濯できない時でも、天気のいい日に、日光に当てて干すことで、ホコリや汗のニオイも取れて、雑菌を減らすこともできます。

消臭スプレーを使う

一番簡単に消臭・除菌できるのが、布用消臭スプレー「ファブリーズダブル除菌」です。ファブリーズはトウモロコシ由来の消臭成分と薬用石けんに使われる除菌成分を採用し、99.9%除菌できるのが特徴です。目安は、1回につき15~20回です。こたつの下のカーペットにも、一緒にスプレーしましょう。スプレー後は、しっかりと乾かしてください。頻繁に洗えないものだからこそデイリーケアが大切です。また、洗濯後の仕上げとしても最適ですね。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

きれいになったこたつ布団は、とても気持ちのいいもの。日頃から小まめにお手入れして、より寛げる空間にしましょう。