ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
上司と入った喫茶店、タバコクサイ…ジャケットにニオイが染みついちゃった!
出典 : Asier Romero/Shutterstock.com

上司と入った喫茶店、タバコクサイ…ジャケットにニオイが染みついちゃった!

喫茶店に入ったら、タバコのニオイが…ということ、ありませんか? 帰宅しても、タバコ臭さが気になります。ジャケットの場合、家での洗濯は難しいし、クリーニングにも頻繁に出せないけど、なんとかしたいもの。こんな時に、自宅でできる消臭法を紹介します。

  • abe

タバコのニオイがなかなか取れない原因

タバコのニオイがなかなか取れない原因

Natasha Fajon/ Shutterstock.com

ニオイの原因の大半は、ヤニです。ヤニは水溶性なので、水拭きなどでニオイを緩和できますが、問題は衣服の繊維の中に入り込んだ化学物質です。アンモニアやタール、ニコチンや窒素化合物など様々な化学物質が繊維の奥に入り込むため、ニオイは簡単には取れません。

タバコのニオイを消臭するには

タバコのニオイを消臭するには

Apollofoto/ Shutterstock.com

蒸気を利用する

タバコのニオイを取るには、蒸気が効果的といわれています。衣服の繊維の中に吸着したニオイの原因物質を、外に放出させる働きがあるのです。上手に蒸気を利用して、消臭しましょう。

一晩、湿気を含んだ夜風にあてると、湿気がニオイを吸い取ってくれます。入浴後の湯気が残ったバスルームに、ハンガーで一晩吊るしておくのも、同様の効果があります。程よい蒸気が衣類を包み、ニオイもシワも消してくれます。翌朝、風通しの良い場所で陰干ししてしっかり乾燥させるのも忘れずに。

スチームアイロンを使って、蒸気と一緒にニオイを飛ばすこともできます。服をハンガーにかけ、全体にまんべんなくスチームを当てるだけ。繊維の表面に付いた程度のタバコのニオイなら、アイロンのスチームでかなり改善できるので、ぜひやってみてください。シワも伸びて一石二鳥です。

霧吹きを使って、軽く衣類を湿らせてから、20~30㎝離してドライヤーの風をあてる方法もあります。この時、ドライヤーを近づけると、生地が傷んでしまう可能性があるので、注意しましょう。

除菌消臭スプレーを使う

もっとも簡単な消臭ケアは、布用消臭スプレー「ファブリーズダブル除菌」です。消臭成分が20%アップし、洗濯と同レベルの消臭・除菌効果を発揮。洗濯できない衣服の消臭ケアとして、最適です。ジャケットをハンガーなどにかけて、表面が全体的に湿り気を帯びる程度にスプレーしてください。前側全面で、5~6回が使用量の目安です。スプレー後は、しっかり乾かしましょう。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

タバコを吸わない人でも、仕事の付き合いでタバコのニオイがする場所に行くことがあるかもしれません。ニオイがジャケットについてしまっても、簡単にできる消臭ケアを知っていれば、慌てることもないですね。