ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
北向きの寝室、カビクサイのが気になる…なんとかしたい!
出典 : BestPhotoPlus/Shutterstock.com

北向きの寝室、カビクサイのが気になる…なんとかしたい!

北向きの寝室は、日当たりが悪く、カビ臭くなりやすいのが難点です。一日の疲れを取るためにも、寝室は快適な空間にしたいもの。では、どんな対策をしたらいいのでしょうか?

  • abe

北向きの寝室がカビ臭くなる原因

北向きの寝室がカビ臭くなる原因

Photographee.eu/ Shutterstock.com

北向きの部屋は、湿気がこもりやすく、窓枠やカーテンレールなどにカビが生えやすくなります。冬は、戸外と室内の温度差があり、窓を閉め切っていることが多いため、室内の湿度が高くなりやすいのが特徴です。これに加えて、寝室は、就寝時の汗による湿気も加わります。一般的に、人は就寝時にコップ一杯の量の汗をかくといわれています。この汗が水蒸気となったり、布団に吸収されて、室内の湿度がさらに高くなり、カビが発生しやすくなるのです。

カビ臭さをなくすには

カビの増殖には、一定の温度と湿度、皮脂・ホコリなどの栄養源が必要といわれています。つまり、これらの対策を行うことで、カビの発生を防ぐことができるのです。

換気する

換気する

Lisa S./ Shutterstock.com

朝起きたら、窓を開けて換気しましょう。押入れやクローゼットの扉も開けると、より通気性がよくなります。空気の入れ替えは、部屋の湿度を下げるのに効果的です。

結露・水分を拭きとる

窓周りの結露をこまめに拭き取ってください。窓ガラスの外側と内側の温度差で、結露がたまりやすくなります。気づいた時、すぐに拭くのがポイントです。カーテン生地の下の部分もカビができやすいので、見逃さずに。とくに、冬のカビは色が薄く、見過ごしやすいので注意しましょう。

湿気をとるために、除湿グッズも活用しましょう。布団乾燥機で湿気を飛ばしたり、クローゼットの床にスノコを敷いて通気性を良くするのも効果的です。湿気が溜まりやすい場所に、除湿剤や重曹を置くのもおすすめです。

掃除する

こまめに掃除をして、ホコリやゴミなどカビの栄養分を残さないようにしましょう。掃除機と粘着ローラーを併用すると除去効率が上がります。また、ベッドの下に物を置かないようにすると、通気性も掃除のしやすさもアップするのでおすすめです。

置き型消臭剤を使う

もっとも手軽に消臭できるものが、置き型消臭剤です。ファブリーズのお部屋用置き型消臭剤「ファブリーズダブル消臭」は、独自のテクノロジー「ニオイキャッチャーゼリー」で、いやなニオイを元からスッキリと消臭できます。森林フィトンという植物と同じ成分が配合され、部屋全体がすがすがしい空気になるのです。ほのかに香る芳香タイプと無香タイプがあるので、好みで選んでみてください。

ファブリーズ置き型消臭剤

ファブリーズ置き型消臭剤


北向きの寝室でも、ホコリ対策と湿気対策をしっかりすれば、カビの発生を抑えることができます。あとは、ファブリーズを置いておけば、ニオイケアは万全です。