ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
物置になった子ども部屋が臭う。思い出は残してキレイにしたい!!
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

物置になった子ども部屋が臭う。思い出は残してキレイにしたい!!

子どもが巣立って数年が経った部屋を、物置として使っているお家も多いですよね。探し物があって久しぶりに部屋をのぞいてみると、なんだか湿っぽいニオイがするような…。発生源はベッドやカーテン!? 使わなくても思い出があるから、このままにしたいけど、どうしたらいい?

  • 創文舎 hiderio888

基本は、換気・掃除・洗濯

物置になった子ども部屋は、湿気やホコリが溜まりやすく、臭くなりがちです。ベッドやカーテンは、子どもが帰って来たら使うかもしれないし、そのままにしておきたいですよね。まずはこまめに換気を。湿気が溜まるとカビや雑菌が繁殖しやすくなるので、空気を入れ替えて、部屋の湿気を外に逃がしましょう。掃除機をかけてホコリを除去し、カーテンやベッドカバーなど洗えるものは、丸洗いしましょう。

除菌は手軽に

簡単に洗えないマットレスやカーペットなどには、布用の除菌消臭スプレーが便利です。ニオイの原因菌を99.9%除菌できる製品もあります。20~30㎝離して、表面全体がしっとりするまでスプレーしましょう。マットレスなら片面15回、カーペットなら1畳あたり20回が目安です。後は自然に乾かすだけ。手軽なのでおすすめです。また、洗った後のカーテンやベッドカバーにスプレーすることで、雑菌の繁殖やニオイ予防にもなるので、ぜひ活用しましょう。

巣立った後も子どもは子ども。思い出のある部屋だから、いつまでも清潔に。