ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
臭うベッドにげんなり。初めてのシェアハウス、もしかして失敗!?

臭うベッドにげんなり。初めてのシェアハウス、もしかして失敗!?

最近流行りのシェアハウス。住んでいる人と交流できたり、家賃がお手頃なのが魅力ですよね。家具付きのお部屋を選んだのはいいけれど、置いてあったベッドがなんだかクサイ…。シェア、止めておけば良かった? 解消する前に対策してみましょうか!

  • 創文舎 hiderio888

部屋の中は湿気がいっぱい?! 掃除でもスルーしがちなマットレスの恐怖

部屋の中は湿気がいっぱい?! 掃除でもスルーしがちなマットレスの恐怖

マットレスは丸洗いできないし、干すのも大変。シーツや布団はお手入れするのに、マットレスはそのままという人が多いといわれています。ニオイや雑菌が気になりますよね。新品のシーツを敷いたり、掃除機をかけても、マットレスはなかなか洗えません。汗や湿気を吸い込んだベッドは、雑菌も心配。人が寝ている時にかく汗の量は、約200cc。コップ1杯分といわれています。汗や湿気はカビや雑菌のエサとなり、繁殖してニオイの元になるのです。

また、最近の家は気密性が高いため、部屋の中はあったかく結露が発生しやすいといわれています。マットレスの裏側のカビを発見してがっかりすることも。フロアーにマットレスを直置きしている家だと、よりその傾向があるようです。新しいマットレスを買うしかないのでしょうか?

<P&G小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査>

P&Gが行った寝具ケアについての調査によると、買ってから一度もお手入れをしたことがないという人が随分多いことがわかります。

<P&G小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査>

年単位でお手入れをしていないということは、もちろん大掃除の際もスルーしていたということ。なぜ、お手入れしなかったのかという質問に対しては、「お手入れの方法がわからない」や「重たくてお手入れができない」、「シーツや敷きパッドで汚れないようにしているから」などの意見が多く見られます。

<P&G小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査>

この写真は、ケアなしで6年10ヵ月使用したマットレスに発生した菌の様子です。新品のマットレスは、抗菌加工などが施されているため、あまり菌は増殖しませんが、使い続けたマットレスには体の菌が付着し、写真のように菌が増殖することが十分考えられます。

例え、シーツをこまめに交換していても、シーツだけでは汗や菌の侵入を完全に防ぐことは難しく、結果的にマットレスに菌が増殖してしまうケースが多いそうです。写真のマットレスの場合は、10cm×15cmあたり630個の菌がいることがわかり、シングルベッドに換算すると、その数は約8万個にもなります。

マットレスのお手入れと湿気対策

掃除機をかけてホコリを除去

掃除機をかけてホコリを除去

マットレスは、ホコリやダニの死骸も溜まりやすい場所です。まず、マットレスの上にあるシーツや布団、枕などをすべて外して掃除機をかけましょう。縦方向と横方向に「ゆっくり時間をかけて」が、ポイントです。とくに、頭の部分や足元の部分はダニが発生しやすいので、念入りに。マットレスの裏側やベッドの下にあるホコリも忘れずに除去しましょう。

表裏をひっくり返して通気性アップ

表裏をひっくり返して通気性アップ

天日干しをして通気性を良くして、マットレスの湿気を取り除きます。マットレスをベランダまで持っていくのが大変な場合、窓際に立てかけるだけでもOK。月に1回は、ひっくり返して裏側にも風を当ててあげたいですね。さらに、扇風機やエアコンの除湿を使うと効果的です。湿気対策として、マットレスの下にすのこや防湿シートを敷くのもおすすめです。

ベッドパッドやシーツを敷く

ベッドパッドやシーツを敷く

マットレスにベッドパッドやシーツを敷くことで、マットレスに汗が染みこむのを防ぐことができます。ベッドパッドやシーツは、こまめに洗濯して清潔な状態を保つようにしましょう。何枚か替えを用意しておくと、洗濯できない時にも大助かり。

自分でできる除菌方法

日光の紫外線には、殺菌作用があります。晴れた日に、2~3時間あててみましょう。この時、表と裏の両方にあてると効果的です。高温のスチームで殺菌する方法もありますが、マット自体が傷んでしまう可能性があるので、使い方には注意が必要です。

市販の布用消臭スプレーには、日光消毒以上の消臭・除菌効果を発揮するものもあります。繰り返しスプレーすることで、除菌効果のアップも期待できるので、日頃の習慣にするとよいでしょう。

せっかく入れたシェアハウス、解消するのはもったいない。簡単除菌消臭ケアで、楽しく生活しましょう!

破れたり、壊れたりしてしまったマットレスの処分方法についてはこちら!
https://shushu.media/4159