ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
家族で楽しむスキーは最高! スキー靴を脱いだ後のニオイは最低…
出典 : FamVeld/Shutterstock.com

家族で楽しむスキーは最高! スキー靴を脱いだ後のニオイは最低…

冬休み恒例の家族で行くスキー旅行! 外気は寒いけれど、激しく体を動かしているとウェアの中は汗だく。当然、スキー靴の中も汗でムレムレ。放っておくとニオイも菌も増殖してしまいます。滑った後の素早いケアで次回もさわやかにスキーを楽しみましょう。

  • 創文舎 hamo

スキー靴の中にこもる汗と雑菌

スキー靴の中にこもる汗と雑菌

Viacheslav Nikolaenko/Shutterstock.com

冬の楽しみといえばウィンタースポーツ。山の方で降雪情報があればウズウズ…なんて人も多いのではないでしょうか。

雪が降り積もると外は厳しい寒さになりますが、スキーやスノーボードは意外と汗をかくスポーツです。しかし、体が温まるまでの間やリフトなどに乗って移動している間は、体が冷えやすいのでウェアはもちろん、インナーはしっかりとした防寒装備が必要です。もちろん、靴下も専用の厚手のものを履いている人が多いと思います。そんな防寒装備でひと滑りすれば、帽子の中から、ウェアやスキー靴の中までぽっかぽか。汗もたくさんかいてしまいます。

スキー靴の中は、脱着できるインナーブーツが入っており、足を衝撃や寒さから守るようにできています。普段より厚手の靴下を履いているのと、保温性の高いインナーブーツに包まれていることで、スキーをしている間の足はいつも以上に汗をかきやすく、ニオイの元となる雑菌も繁殖しやすくなっています。とくに、子どもは転倒した際、ブーツに雪が入ることが多く、靴の中が濡れたまま滑ることで一層雑菌の好む状態になりやすいのです。

何回か滑り終え、休憩の時にスキー靴を脱いだ時の解放感は何事にもかえられないほどの心地よさがありますが、それと同時に漂ってくる、あの独特のニオイ…、雑菌が出す不快臭なのです。

脱いだら抜き取る消臭習慣

脱いだら抜き取る消臭習慣

Alexander Ishchenko/Shutterstock.com

滑り終えて片付けが終わったら、できるだけ早くスキー靴のインナーブーツを抜き取りましょう。取り出したインナーブーツにファブリーズ布用消臭除菌スプレーを10回ほど万遍なくスプレーし、温かく乾燥しやすい場所で乾かします。

ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、雑菌に対し99.9%の除菌効果が認められている、ニオイの元をしっかり除去する消臭剤。香りで誤魔化さず、ニオイ分子に直接働きかけ、中和と分解で消臭するのでイヤなニオイが戻ることもありません。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

高温多湿で発生した雑菌臭は、乾燥させることが第一です。乾かす前にさらに一工夫することで、雑菌の数を減らし効果的にニオイを防ぐことができます。スキー靴の中も乾燥&除菌を徹底して、ウィンタースポーツをエンジョイしましょう!