ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
冬の定番ダウンジャケット。まめにクリーニングできない分、ニオイケアを
出典 : Kyryk Ivan/Shutterstock.com

冬の定番ダウンジャケット。まめにクリーニングできない分、ニオイケアを

軽くて暖かいダウンジャケットは、冬の外勤には欠かせないアイテム。毎日のように着ているとさすがにニオイが気になります。毎日できる消臭ケアでニオイの悩みにさようなら!

  • 創文舎 hamo

寒くなっても油断大敵! 冬でも汗は忍び寄る

寒くなっても油断大敵! 冬でも汗は忍び寄る

violetblue/Shutterstock.com

外気温が下がり、風も冷たくなってくると厚手のコートやジャケットが手放せません。中でも、羽毛がたくさん中に詰まったダウンジャケットは、着心地が軽く、保温性が高いことから人気のアウターです。スーツやオフィスカジュアルとも相性が良いので通勤用に愛用されている人も多いのではないでしょうか。

外勤などで外に出ていると、冬でも日差しが温かく風の弱い日や、屋内を歩く時など、体感的に暖かい日や時間があります。「冬は寒いのもの」=「汗はかかない」と思いがちですが、そんな気温差のある日は、アウター内部で汗をかきやすく、保温性の高いアウターであればあるほど、中がムレムレになっている場合が多いのです。

洗いにくいダウンジャケット

内側で汗をかき、蒸れてくると気になるのがアウターに染み付くニオイです。気温差で汗をかき、アウター内の温度が上がれば、湿気と温度、皮脂や垢などの汚れが揃い、ニオイの元である、雑菌の繁殖条件が整ってしまいます。

雑菌もニオイも除去するには、洗濯やクリーニングが手っ取り早い方法ですが、クリーニングにこまめに出すとコスト面が気になりますし、自宅で洗濯となると、生地や羽毛の劣化や失敗した時のリスク、乾かす手間など心配になる要因がいくつもあります。できれば、洗濯やクリーニングはシーズン毎に1~2回程度に抑えて、日常的にはニオイを抑制する消臭ケアで対応するのが、お財布にも生地にもやさしい方法です。

洗いにくいダウンジャケット

Early Spring/Shutterstock.com

布用消臭スプレーで雑菌臭を消し去る

帰宅後、習慣にしたいのがハンガーに掛けることです。当たり前のことですが、ジャケットの内部に溜まった湿気を逃がすためには、畳んで保管せず、空気の通り道ができるよう掛けることが大切です。

掛けたら表面の汚れをチェックし、汚れを見つけたら中性洗剤を含ませて固く絞ったタオルなどで表面を拭き取り、シミになる前に早めに対処するようにしましょう。雨や雪が降った日は、濡れたまま放置せず、乾いたタオルで水気を拭き取り陰干しする習慣を。

その後、ダウンジャケットの内側に、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを5、6回スプレーし風通しの良い場所で一晩しっかり乾かします。
ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、幅広いニオイの消臭に効く4つの消臭成分を配合しており、その中のポリマー消臭は、とくに、汗や雑菌に由来する体臭に効き目を発揮します。実験でも、洗濯と同等の消臭効果が実証されており、99.9%の除菌効果も合わせ、毎日の消臭除菌ケアには心強い味方です。

洗濯と同等の消臭効果

<出典:P&Gマイレピより>

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

帰宅後のハンガー&ファブリーズ習慣で、気になるニオイを撃退し、寒い朝もさわやか気分で通勤しましょう。