ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
揚げ物の臭いが部屋に… クリスマスパーティー後のニオイを消す方法
出典 : PIMPAN/Shutterstock.com

揚げ物の臭いが部屋に… クリスマスパーティー後のニオイを消す方法

腕を振るった料理やケーキを並べても、家の中がポテトなどの揚げ物のニオイでクサイと残念な思い出に…。家の中にクリスマスの飾り付けをしながら、好きな香りの布用消臭スプレーをファブリックに振りまけば消臭しながら香りのデコレーションもできちゃうかも?!

  • 創文舎 hamo

意外と気がつかないお部屋の揚げ物臭

住人は意外と気がつかない家庭のニオイ

margouillat photo/Shutterstock.com

みんなで美味しい料理やケーキを食べてプレゼント交換をしようと、子どもたちが計画したクリスマスパーティー。我が家で開催になったけど、ちょっと気になるのが家のニオイ。

前日にケーキを焼いて、当日は朝からピザやチキンを焼き、フライヤーではフライドポテトを揚げる予定。クリスマスの料理は油臭がするメニューが多いから、部屋中にニオイがついてしまいそう…。

揚げ物のニオイは「もっとも不快な生活臭」

意外と気がつかないお部屋の揚げ物臭

国家資格を持つ臭気判定士が22軒の一般家庭を対象に生活臭の有無を確認した調査によると、100%の家でニオイがあり、そのうち不快と感じるニオイは約4割だったそうです。

その4割の中でも、もっとも不快なニオイを放っていたのは、食べ物が酸化することで発生する「油臭」で、次いで不快だと判定されたのが、人や動物から発生する「体臭・汗臭」だったそうです。

家庭のニオイと子どもの集中力研究結果

<【P&G】家庭のニオイと子どもの集中力研究結果>

家に住んでいる当人たちは、自分の家のニオイに慣れてしまい、生活臭を感じなくなっていますが、家に人が住み生活している以上、多かれ少なかれニオイは発生しています。その上、パーティーの準備に、油を多く使う調理をしたら、より一層ニオイが強くなってもおかしくありません。

部屋のニオイを蓄えるのは「大型の布製品」

料理の支度が終わり、片付けも終えたのに、なんだかニオイがすっきりしない…。じつは、ニオイの発生源のほかに、家の中でニオイをひっそり蓄え放出している存在が…それが、大型の布製品です。

家のニオイを蓄えるファブリック

<【P&G】家庭のニオイと子どもの集中力研究結果>

布製品は、繊維で織られていることから表面積が大きく、ニオイを吸着しやすい性質を持っています。先ほどの臭気判定士による生活臭の調査によると、家庭の中のニオイは、カーテンやカーペット、ソファなどの大型のファブリックから放出されているという結果が出ています。

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理前】

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理前】

揚げ物をするさいに発生する煙「油煙」を布製品に染み付かせないようにすることが一番の予防策です。

また、調理中に飛び散った油がニオイのもとになる可能性があるので、油が飛び散らない調理方法を押さえておきましょう。

①油煙から布製品を守る

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理前】

事前の対策として、油煙がしみつかないよう、大きい家具には新聞紙をかぶせるといいでしょう。

食事が終わった後は、新聞紙を取り除いて捨てるだけなので簡単です。クッションや座布団など、とくにニオイを吸収しやすい布製品は、ダイニングとは別の部屋に「一時避難」させておくのがいいでしょう。

②天ぷら鍋を使う

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理前】

揚げ物をする時、適当な鍋で揚げ物をしていませんか?

揚げ物は専用の鍋を使うことで、おいしく仕上がり、かつ、形状上、油の飛びはねを抑えることができます。

素材は一長一短があり「油を冷ましにくく、おいしく仕上がる銅製は油の劣化が早い」などそれぞれ特徴があるので、自分にあった素材とサイズの鍋を探しましょう。

③オイルスクリーンでガード

オイルスクリーンでガード

油が飛び散ると掃除がたいへんですが、それ以上に怖いのはやけどです。

鍋の上にオイルスクリーンという網目状のカバーでフタをすれば、空気を通すのに油のハネを最小限に抑えてくれ、やけどすることもガスコンロを汚すことも大幅に軽減されます。

④下ごしらえを丁寧に

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理前】

揚げる素材の水気はしっかり切っておきましょう。

素材では魚介類がハネやすい代表ですが、一つずつ丁寧にキッチンペーパーなどで水拭きすることが大切です。コロッケは、冷まして水分と空気を抜いた後、小麦粉をしっかりつけると破裂を防げます。

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理後】

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理後】

どれだけ注意しても揚げ物調理をすればどうしても油はハネてしまいます。

飛び散った油を放置してしまうと固まったり、酸化して嫌なニオイを放ったりと良いことないので早めの掃除が大切です。

調理場まわりの拭き掃除

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理後】

台所用お掃除シートで調理後すぐにコンロを拭いておきましょう。

油汚れに強いオレンジオイルやセスキ炭酸ソーダを配合したシートならしっかり油汚れを落とすことができます。

シートでなくても、重曹水やセスキ炭酸ソーダ水を作って、スプレーして台拭きで拭いても同様の効果があります。床や壁の汚れも同じように掃除しておきましょう。

残った油は凝固剤で処理

部屋を揚げ物臭くさせない予防策【調理後】

油の処理は、温度が高いうちに市販されている油の凝固剤を入れて固めれば、一般ゴミとして安全に処理できます。

手元になければ、牛乳パックなどに新聞紙を入れ、完全に冷めた油を入れ、口をしっかり密閉させビニールに入れておけば一般ゴミになります。

油汚れは、ついたすぐならばカンタンに取れます。汚れを翌日に持ち越さずにササッと拭いてしまいましょう。

それでも残ってしまった揚げ物臭には

いくらニオイ予防をしても、食事後にはどうしても揚げ物のニオイが残ってしまいます。

お部屋に残った揚げ物のニオイの消臭方法を押さえておきましょう。

濡れタオルでニオイを吸収

それでも残ってしまった揚げ物臭には

食事の後に、一手間かけてニオイを消しましょう。濡れたタオルを用意して、部屋の中で振り回します。ニオイの成分は水に溶けやすい性質があるので、振り回した濡れタオルにニオイが吸収されます。一ヶ所だけではなく、部屋の中で場所を変えてやってみましょう。

消臭しながら香りを添える消臭スプレー

油のニオイをたっぷり吸いこんだカーテンやソファ。イヤなニオイを消して、パーティーらしさを演出するには、香りが選べる布用消臭除菌スプレー、ファブリーズがおすすめです。

ソファとカーテンは全体に20回、カーペットは1畳あたり20回程度スプレーし、しっかり乾燥させてください。ファブリーズは、4つの消臭成分を配合しており、とくに、家庭で気になる食べ物臭や体臭を効果的に消臭します。

また、消臭と一緒に香りをつけることもでき、人気の柔軟剤とコラボした華やかな香りのシリーズなど、パーティーにぴったりの香りもセレクトできます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

まとめ

揚げ物料理は、楽しくておいしいパーティ向きの料理ですが、ネックなのがそのニオイ。

ニオイが残らない予防法と消臭方法をしっかり確認してパーティを全力で楽しみましょう!