ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
満員電車で通勤すると、コートの中は汗でムワッ…汗が原因のニオイが心配
出典 : Cultura Motion/Shutterstock.com

満員電車で通勤すると、コートの中は汗でムワッ…汗が原因のニオイが心配

冬場の屋外は寒いけど、電車の中や屋内は暖房が効いていて意外と暖かいもの。外気温に合わせてコートなどを着ていくと、気温差で汗をかいてしまいます。臭いだす前の早めの消臭ケアで、コートにつく汗のニオイを予防しましょう。

  • 創文舎 hamo

油断大敵! 冬の汗は夏よりクサイ?!

油断大敵! 冬の汗は夏よりクサイ?!

QuicklyFy/Shutterstock.com

確かに冬でも汗をかくことはあるけど、夏に比べたら大した量じゃないし…などと思っていたら大間違い。冬の汗は、その質にも問題があるのです。

夏場は日常的に汗をかきやすい分、喉の渇きを感じやすいため、こまめに水分補給をします。しかし、冬場は夏に比べ体温が上がることが少なく、それほど喉の渇きを感じないため、知らず知らずのうちに無自覚の脱水状態に陥りがち。体にとって水分が不足している状態が続くと体液が濃くなり、汗がドロドロに。夏の汗はサラサラしていてニオイが少ないのに対し、冬の汗はドロドロしていて乾きづらくニオイも強い傾向にあります。

また、普段、冷暖房が効いている環境で過ごしていると、汗をかく機会が少なく、運動不足で体が鈍るように、汗腺の働きも弱くなっている人が多いそうです。汗腺の機能が弱ると、通常の汗ではあまり分泌しない、アンモニアやナトリウムなどの老廃物が汗に含まれるようになり、一層体臭がきつくなる原因になります。

しかも、冬は厚着をしていたり、保温性を重視したインナーを着ていることが多いので、服の中で蒸れやすく、汗を媒介にニオイの原因になる雑菌が繁殖しやすい状態。そんな状況を放っておくと、たちまち冬の汗のせいで「クサイ人」になってしまいます。

冬の汗は放置厳禁! 必ず実践したい汗対策

冬の汗は放置厳禁! 必ず実践したい汗対策

Roman Samborskyi/Shutterstock.com

夏以上に濃度の濃い冬の汗は、油断ならないニオイの発生源。正しい対策を知って、臭う前に消臭ケアを行いましょう。

着脱しやすい重ね着ファッション

場所によって温度変化が激しい冬。汗をかく前に、暑いと思ったら調節できるように、シャツ+カーディガンやロングTシャツ+前開きパーカーなどコートの中を重ね着にしておくと便利です。

汗腺を鍛える&水分補給

濃い汗を作らないためにも、汗腺を鍛える運動習慣をつけるようにしたいもの。運動はちょっと…という人は、湯船にゆっくり浸かって汗をかくだけでもOK。こまめな水分補給も忘れずに。

汗ふきシートを携帯する

何より汗をかきっ放しにするのがニオイの元。汗をかいたら、ウェットティッシュや汗ふきシートで早めに汗を拭き取るようにしましょう。

汗をかいてしまった時のアフターケア

満員電車などコートを脱げない状況で汗をかいてしまったら、まずは、汗ふきシートで汗を拭いて、汗でしっとりしてしまったコートや上着には、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを10回ほどスプレーして風通しのよいところに掛けておきましょう。汗で増えた雑菌を効果的に減らす99.9%の除菌力と、体臭によく効くポリマー消臭成分を配合しているので、気になるニオイを元から消臭してくれます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

会社に置きファブしておけば、通勤で発生した不快なニオイにも対応できます。朝スプレーしておけば帰る頃には消臭完了! 帰りは楽しい気分で寄り道できそうですね。