ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
寝室に洗濯物?!冬の洗濯物は室内干しで加湿と一石二鳥
出典 : Usyk Mykola/Shutterstock.com

寝室に洗濯物?!冬の洗濯物は室内干しで加湿と一石二鳥

いくら乾燥していても外気温が下がると、洗濯物は夏場のようにカラッとは乾きません。とくに、シーツやバスタオルなどの大物は乾きづらいもの。室内でもニオイを気にせず洗濯物を乾かすコツを覚えて毎日の洗濯に役立てましょう。

  • 創文舎 hamo

乾燥しているのに乾かない冬の洗濯物

夏に比べ、空気が乾燥する冬。普通に考えれば、ジメジメした夏よりもカラッと洗濯物が乾きそうなものですが、そうはいかない冬の外干し。

じつは、洗濯物の乾きやすさは、空気中の水分量に比例していて、空気に水分が含まれている方が乾きやすいのです。また、空気中の水分量は気温の高さと密接な関係があり、温度が高くなればなるほど水分量も増えていきます。ですから、気温の低い冬は空気中に水分が少なく、洗濯物が乾くのに時間がかかってしまうのです。

エコで効率的な洗濯物の干し方

エコで効率的な洗濯物の干し方

beeboys/Shutterstock.com

外干しだけでは、イマイチ乾ききらない洗濯物。どのように干すのが効率的なのでしょうか。

まずは、夕方から夜に洗濯して就寝前に寝室に干します。寝室に洗濯物を干すことで、乾燥した室内に水分が放出され湿度が上がります。加湿器代わりに使用することができ、体にもやさしく電気代も節約できます。

朝になり、外が晴れていれば外に出して天日干ししましょう。冬場は日が陰る15時前には洗濯物を取り込むのが鉄則、早めに取り込んで室内干しに切り替えましょう。

取り込んだ際、外干しで十分乾いているか一度チェックを入れます。乾いた手で触ってみても洗濯物が冷たく、はっきりわからない時には、手をドライヤーなどで温めて再度触ってみましょう。湿った感じがしなければ乾燥OK。少しでも湿り気を感じたらもう少し部屋干しで乾かしましょう。

エコで効率的な洗濯物の干し方

SKphotographer/Shutterstock.com

室内干しの強い味方

外が晴れている時は外干しもできますが、曇っていたり、雨や雪が降っていると屋内でエアコンを稼働させて室内干しする方が効率的です。薄手のものであれば、エアコンや暖房器具で十分乾燥できますが、バスタオルやシーツなどの大物の洗濯物はなかなかカラッと乾かすのが難しいもの。濡れた状態から乾くまでの間、時間がかかると洗濯物の内部で雑菌が繁殖してしまい、あの不快な生乾き臭の原因になってしまいます。

そこで、乾かす前に一工夫。ファブリーズの布用消臭除菌スプレーをバスタオルなら5、6回、シーツなら10回程度濡れた状態の洗濯物にスプレーします。乾かす前の洗濯物にスプレーすることで、乾くまでの間に増殖する雑菌を撃退し、生乾き臭をさせずに乾かすことができます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズは、布についた雑菌に対する実験で99.9%という高い除菌効果を実証しています。洗濯物に染み付くニオイの原因はほとんどが菌由来のもの。除菌を得意とするファブリーズなら室内干しの強い味方になってくれそうですね。