ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
雪の朝、子どもたちは大喜びで雪合戦! 帰ってきて脱ぎ捨てられた手袋が臭すぎる…
出典 : Benoist/Shutterstock.com

雪の朝、子どもたちは大喜びで雪合戦! 帰ってきて脱ぎ捨てられた手袋が臭すぎる…

雪が降ると大人は大パニックですが、子どもは大喜び。勇んで雪合戦はいいけど、雪でビショビショになった手袋からは、モワ~っとイヤなニオイが…。乾かす前の一工夫でニオイを撃退しましょう!

  • 創文舎 hamo

手袋のニオイは靴下並み?!

美しく舞い散る雪は、冬の本格的な訪れを感じさせる風物詩ですが、降り積もると交通渋滞や慣れない雪の路面状態など、大人は予定を狂わされたいへんな目に…。一方、子どもたちは、雪を前に大はしゃぎ。雪だるま作りや雪合戦など、普段はなかなかできない雪遊びに夢中になる子も多いのではないでしょうか。

雪遊びに欠かせないのが手袋。スキーや雪遊び用の分厚い防寒仕様のものや、普段使いのニットの手袋など、雪で遊ぶときは必須アイテムですよね。

防寒装備で外に出て、思う存分雪遊びを楽しんだら、子どもたちは手も足も雪や汗でベチャベチャ。アウターや帽子などと一緒に手袋を干して乾かしていたら、何とも言えないイヤ~なニオイがプーン…。

手袋のニオイは靴下並み?!

DmitryKomarov/Shutterstock.com

手袋は、ただ干しただけではニオイが残りやすいアイテム。手のひらは、体の中でも足の裏と一緒で汗をかきやすい場所です。足と違い、普段は覆われていることが少ないので臭くなるという印象はあまりありませんが、手袋をつけた手のひらは、靴下を履く足と同じように、濡れたり汗をかいたりすることで湿気を帯び、体温や皮脂汚れなどと合わさることでイヤなニオイの原因となる雑菌が繁殖しやすくなるのです。

洗濯+干す前の一工夫でニオイを撃退

洗濯+干す前の一工夫でニオイを撃退

Rtstudio/Shutterstock.com

臭くなった手袋は、雑菌や汗を洗い落とすのが一番です。まずは、洗濯表示を見て家庭で洗える手袋かどうかを確認しましょう。子ども用の手袋の場合は、家庭で洗えないものはあまりないと思いますが、洗濯機で洗うと形が崩れたり、表面加工がはがれたりするものもあるので注意が必要です。

表示に従い洗ったら水気をきり、形を整えて干します。この時、暖房器の近くに置いたり、ドライヤーなどの風をあてたりして乾かしたくなりますが、防水加工を施してある手袋の場合、機能を低下させてしまう恐れがあるので、風通しの良い場所で陰干しする方が良いでしょう。

さらに、乾きづらい厚手の手袋の場合は、裏返しにしてファブリーズの布用消臭除菌スプレーを5、6回スプレーして乾かすと、生乾きで発生する雑菌臭を防ぐことができます。ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、布についた菌に対する実験で、99.9%の除菌効果が確認されています。また、繊維に染み付いた体臭に有効に働くポリマー消臭成分を配合しており、毎日洗うことが出来ない手袋の消臭ケアにもぴったりです。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー