ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
和室をピカピカにして、さわやかな香りで新年を迎えましょう
出典 : Nopphasit/Shutterstock.com

和室をピカピカにして、さわやかな香りで新年を迎えましょう

普段はあまり使わない和室ですが、新年会を開いたり、お客さまを泊めたりと、年末年始は活躍するシーンが増えます。年を越す前にしっかり大掃除をして、ニオイのチェックもしておきましょう。消臭しながら薫るナチュラルな香りの消臭芳香剤なら和室にもピッタリです。

  • 創文舎 hamo

知ってるようで知らない和室の掃除方法

知ってるようで知らない和室の掃除方法

sotopiko/Shutterstock.com

和室の掃除といっても、普段は洋室と同様、掃除機をかけたりホコリを払ったりする程度で特別なことはあまりしていないという家庭が多いのではないでしょうか。通常のお手入れはそのような手順で十分ですが、やはり大掃除となると、いつもよりちょっと手間を掛けてすっきりさせたいですよね。そこで、身近なもので簡単にできる掃除の仕方を紹介します。普段の掃除にプラスして、お客さまを迎えられるキレイな和室に仕上げましょう。

基本は上から下、奥から手前へ

まずはホコリを落とすハタキ掛けで上から順に払っていきます。畳の掃除は奥から順に手前へ向かってホウキを掛けるのが昔からの手法ですが、掃除機でゴミを吸い込んでももちろんOKです。ただし、掃除機の車輪を畳の上で転がすと傷む原因になってしまうので、スティックタイプの掃除機を使うか、掃除機を片手でもってかけるようにしましょう。

畳は酢水で拭く

畳は水分を吸収しやすく、湿気がこもるとカビの原因になっていまいます。基本は水を使わず普段は乾拭きのみのお手入れが望ましいのですが、大掃除の時には一年の汚れを落とすためにも、酢水を使った拭き掃除がおすすめです。

水1リットルに酢大さじ2杯程度を混ぜ、雑巾を浸したらしっかりと固く絞り畳の目に沿って拭いていきます。黄ばみがとれ汚れもよく落ち、また、酢には抗菌作用があるのでカビ予防の効果もあります。拭き終わったら水分を残さないように乾拭きで仕上げます。

ふすまのレールは輪ゴムでキレイに

なかなか取れないふすまのレールに溜まったゴミ。レールの上に輪ゴムを何個か置き、そのまま上を滑らすようにふすまを開け閉めすれば、輪ゴムと一緒にホコリを絡め取ることができます。

ふすまのレールは輪ゴムでキレイに

haru/Shutterstock.com

大掃除の仕上げはナチュラルな香りで

大掃除が完了したら、ニオイのケアを忘れずに。大勢が集まる新年は、食べ物やお酒のニオイ、タバコのニオイなどの宴会臭が充満しがち。お部屋に一つ、ファブリーズの置き型消臭芳香剤を置いておけば、高い消臭機能を持つニオイキャッチゼリーが部屋に漂うイヤなニオイを捕まえて、化学的に中和しニオイを消し去ります。

さらに、香り付きのタイプを選べば不快なニオイを消臭した後に、ほのかに良い香りが部屋中に広がっていきます。とくに、和室におすすめなのが「すがすがしいナチュラルガーデンの香り」。まるで森林浴をしているようなやさしくさわやかな香りが、和室に使われている畳やふすまなどの木や植物由来の材質によく合います。

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

大掃除ならではのスペシャルケアで、和室は清々しいほどの美しさ。日本らしい凛とした空間は新しい年を迎えるのにふさわしい場所です。