ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
初夢もマットレスのケア次第?! 新年から心地よい寝具で寝るための簡単お手入れ法
出典 : napatsorn aungsirichinda/Shutterstock.com

初夢もマットレスのケア次第?! 新年から心地よい寝具で寝るための簡単お手入れ法

縁起の良い初夢からはじまる一年はきっと良い年になるはず! 大掃除できれいになった寝室で、朝、寝具にシュシュッとお手入れしておくだけで、夜にはさわやかな寝床に整える簡単お手入れ法を伝授!

  • 創文舎 hamo

寝室の大掃除が終わったら布団やベッドも忘れずに

寝室の大掃除が終わったら布団やベッドも忘れずに

Freebird7977/Shutterstock.com

寝室のカーテンやドレッサー、サイドテーブルなどをキレイに大掃除し、シーツを洗ってベッドの下のホコリも取り除き、これで年越し準備OK! と思ったら、肝心の布団やマットを忘れてた! なんてことはないでしょうか。良い初夢を見るためにも、気持ちよい寝具を用意しておきたいですね。

布団は晴れた日に外に干したり、布団用の掃除機をかけたりとお手入れをちょくちょくする場合が多いと思いますが、ベッドのマットレスはどうでしょう? P&Gが行った寝具ケアについての調査によると、買ってから一度もお手入れをしたことがないという人が随分多いことがわかります。

小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査

<P&G小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査>

年単位でお手入れをしていないということは、もちろん大掃除の際もスルーしていたということ。なぜ、お手入れしなかったのかという質問に対しては、「お手入れの方法がわからない」や「重たくてお手入れができない」、「シーツや敷きパッドで汚れないようにしているから」などの意見が多く見られます。

小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査

<P&G小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査>

この写真は、ケアなしで6年10ヵ月使用したマットレスに発生した菌の様子です。新品のマットレスは、抗菌加工などが施されているため、あまり菌は増殖しませんが、使い続けたマットレスには体の菌が付着し、写真のように菌が増殖することが十分考えられます。

小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査

<P&G小学生以下の子どもを持つ母親300人に聞いた寝具ケアに関する調査>

例え、シーツをこまめに交換していても、シーツだけでは汗や菌の侵入を完全に防ぐことは難しく、結果的にマットレスに菌が増殖してしまうケースが多いそうです。写真のマットレスの場合は、10cm×15cmあたり630個の菌がいることがわかり、シングルベッドに換算すると、その数は約8万個にもなります。

今からでも間に合う、布団とマットレスのケア

驚愕のマットレスの実態。知った今からでもお手入れは遅くはありません。縁起の良い初夢を見るために、布団と一緒にファブリーズの布用消臭除菌スプレーでお手入れしていきましょう。

布団、マットレス共に、20~30cmほど離し、表面全体が湿り気を帯びる程度に約20回スプレーしていきます。ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、トウモロコシ由来の独自の消臭成分と、ダブルの除菌成分を配合しています。一晩使用した新品の布団を使った実験によると、ファブリーズをスプレーした布団は、3時間天日干しした布団に比べ、約3倍以上の菌を除菌できることがわかりました。

週3日以上働く子どもを持つ20~50代女性400人に聞いた家事に関する調査

<P&G週3日以上働く子どもを持つ20~50代女性400人に聞いた家事に関する調査>

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

朝スプレーし置いておくだけで、夜にはすっかり乾いて除菌&消臭が完了。大掃除で布団やマットレスを忘れていても大丈夫。朝気がつけば初夢には間に合います。