ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
毎日座っているオフィスチェア。背中やお尻の汗を吸うから、当然ニオイも…
出典 : mhong84/Shutterstock.com

毎日座っているオフィスチェア。背中やお尻の汗を吸うから、当然ニオイも…

会社で当然のように使っているオフィスチェア。長時間座っていることも多く、汗を相当吸い込んでいるはず。仕事納めの前には一度しっかりきれいにして、ニオイのケアもしておきましょう。

  • 創文舎 hamo

雑菌の溜まり場になりやすいオフィスチェア

雑菌の溜まり場になりやすいオフィスチェア

kittirat roekburi/Shutterstock.com

デスクワークがしごとの多い人は、ほとんどの時間、オフィスチェアに座っているという人も多いのではないでしょうか。機能性にこだわった様々な種類のチェアがありますが、通常オフィスで採用されているのは、布製かメッシュ仕様のものが多いのではないでしょうか。

布製のものは、ウレタンなどの緩衝剤のクッションを布地で包んで座面・背面とし、メッシュタイプのものは、背面にはメッシュ生地、座面に布張りクッションという構成が多いかと思います。どちらのタイプも、長時間座り続けることで汗を吸いこみ、皮脂汚れと合わさることで雑菌が繁殖しイヤなニオイを発しやすい素材です。

メッシュタイプは、背面がメッシュのため、通気性が良く、それ自体が臭うということはあまりないかもしれませんが、メッシュも元は繊維なので、衣類についている体臭や汗のニオイ移りには気をつけなければいけません。

オフィスチェアのニオイをまじまじと嗅いだことがある人は少ないかもしれませんが、よくよく鼻を近づけてみると、雑巾のようなニオイを感じることが多いようです。これから迎える仕事納め。一度嗅ぐともう放っておけない、オフィスチェアのニオイを何とかしましょう!

オフィスチェアの掃除方法

オフィスチェアの掃除方法

ProstoSvet/Shutterstock.com

仕事納めの日に行うことの多い職場の大掃除。共有スペースの大掃除が大方片付いたら、今年はチェアの掃除にもチャレンジしてみましょう!

布張りのオフィスチェア

衣類用のブラシなどでブラッシングし、ホコリを浮き上がらせてから掃除機やローラー式クリーナーで取り除きます。その後、中性洗剤を含ませ固く絞った布で叩くようにして汚れを落とします。こすって取ろうとすると、繊維の間に汚れが入り込み取れづらくなるので要注意です。最後に乾拭きし、余分な水分を拭き取ります。

メッシュタイプのオフィスチェア

メッシュ部分を、水拭きすることはできますが、じつは、過剰な水分は厳禁。縮みやすい繊維でできているので濡らすことで変異し、鱗のような模様がついてしまいます。お手入れする時は、固く絞った布での拭き掃除が基本。まだ日が浅い汚れなら、重曹をお湯に溶かした洗浄液をつけ、固く絞った布で拭くとキレイになります。頑固な汚れや時間が経過した汚れは、酸素系漂白剤を溶かした洗浄液に布を浸しよく絞り、押し当てるようにして汚れを落として、水拭き後に乾拭きで仕上げます。

仕上げはファブリーズの布用消臭除菌スプレー

拭き掃除が終わったら、座面・背面にそれぞれ5回程度ファブリーズの布用消臭除菌スプレーをスプレーし、年明けまでしっかり乾燥させましょう。日々のオフィスワークで蓄積された汗や汚れは相当なもの。拭き掃除だけでは、繊維の奥に絡みついた雑菌やニオイまではなかなかキレイに落としきれません。ファブリーズは、布に付着した菌に対する実験で、99.9%の除菌効果を実証しています。また、汗由来の体臭に対する効果も高く、ニオイ分子を化学的に分解・中和することで、ニオイ自体を打ち消します。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

限られた時間の中で一斉に行う職場の大掃除。今まで手が回らなかったオフィスチェアの掃除をしっかりやると、新年からのモチベーションもアップ! チェアのニオイをクリアにして来年もお仕事頑張りましょう!