ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
保育士のアップリケ付きのエプロン。しっかり洗って、消臭&除菌ケアも忘れずに
出典 : ucchie79/Shutterstock.com

保育士のアップリケ付きのエプロン。しっかり洗って、消臭&除菌ケアも忘れずに

保育士の必需品はかわいいエプロン。常に子どもたちと触れ合うエプロンは些細なことでも汚れてしまいます。汚れによってはニオイ残りすることもあるので、洗濯の後に消臭&除菌ケアをプラスすると安心です。

  • 創文舎 hamo

エプロンは保育士の制服

エプロンは保育士の制服

graphbottles/Shutterstock.com

家庭での家事の際にもエプロンを着用しますが、保育士さんにとってのエプロンは、またそれとは違う意味合いをもっています。看護師さんや事務員さんが制服を着るように、保育士さんにとってのエプロンは、まさにワークウェア。毎日仕事で着る制服のようなものです。

ですから、保育士さんのエプロン選びは、動きやすさやポケットのあるなし、丈夫さや子どもに好感をもたれやすいデザインなど、こだわるポイントが少し違います。しかし、一番大切なのは、清潔であることです。子どもに接する職業柄、汚れっ放しのエプロンや不快なニオイのするエプロンは絶対NG。子どもばかりでなく、お迎えにくるママやパパの目もあります。子どもを安心して預けられる園であることを印象付けるためにも、清潔感のある身なりはとても重要です。

取れにくいニオイは消臭スプレーで

取れにくいニオイは消臭スプレーで

ucchie79/Shutterstock.com

基本的にエプロンは、汚れたら交換が基本です。担当する子どもたちの年齢にもよりますが、ミルクの吐き戻しや離乳食や飲み物のこぼし汚れ、子どもたちの汗や鼻水、ヨダレなど汚れる原因が山盛り。エプロンは洗い替えをたくさん用意しておく必要があります。

帰宅とともに持ち帰った大量のエプロン。汚れたままにしておくと、ニオイも汚れも取れにくくなってしまうので、できればその日のうちに洗濯しましょう。しつこい汚れがつくことの多い保育士さんのエプロンは、普段と同じ洗濯だけではニオイが取れないことも。そんな時おすすめなのが、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーです。

洗濯した後、干す前のエプロンの全体にかかるように5回程度スプレーし、ハンガーにかけ乾燥させます。ファブリーズは、布についた雑菌を除去する実験で99.9%の除菌力が実証されています。また、繊維に染み付くニオイに幅広く力を発揮する4つの消臭成分も配合しており、洗濯後のエプロンにスプレーすることで、通常の洗濯では落としきれない繊維の奥に絡みついたニオイ分子や雑菌をクリアにし、生乾きで生じるイヤなニオイも防いでくれます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

子どもたちが直接触れるエプロン。しっかり除菌もして清潔な状態をキープしたいですね。ニオイに敏感な子どもたちでも大丈夫な、香料無添加のファブリーズがおすすめです。