ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
地元のクラス会は、朝までカラオケ。まとわりつくタバコ臭が不快です
出典 : Norman Chan /Shutterstock.com

地元のクラス会は、朝までカラオケ。まとわりつくタバコ臭が不快です

クラス会は楽しくても、知らないうちに染みつくタバコのニオイは嫌なもの。とくに帰省先では、クリーニングに出す暇もありません。あらかじめ、ニオイがつくのを防ぐとともに、ついてしまったニオイはしっかり取り除きましょう。ここでは、旅行時に役立つ防臭&消臭対策を紹介します。

  • 創文舎 arisa_125
地元のクラス会は、朝までカラオケ。まとわりつくタバコ臭が不快です

imtmphoto / Shutterstock.com

クリーニングに出す暇がない! 帰省先での洋服のケアは?

お正月に地元に帰ったら、必ず開かれるクラス会。久しぶりの顔合わせに、朝まで盛り上がるのが例年のパターンですが、居酒屋やカラオケボックスに長時間いると、自分は吸わなくともタバコのニオイが染みついて、帰省のために買った新しい洋服が台無しに!

そうなるとわかっていても、荷物になるのが嫌で、着替えはいつもジーンズにスウェットだけ。親戚の集まりにスウェットで行くわけにもいかず、かといってクリーニング屋は閉まっているし……と悩むのも毎年のことです。

帰省や旅行時など、限られた衣類しかない時こそ、消臭対策は必要不可欠。最初からニオイがつくのがわかっているなら、防臭対策を施しておくのも1つの手段です。

それができれば、1着しか持参しなかったおしゃれ着の着回しも可能です。来年からは、万全の対策で、心置きなくクラス会を楽しみましょう。

帰省先での洋服のニオイ対策

帰省や旅行の時は、荷物は極力減らすのが鉄則です。だけど、おしゃれも楽しみたいのが女ゴコロ。昨日着た服を今日また着るための消臭術は、思ったより簡単ですが効果は期待以上です。

1.ドライヤーの熱風を吹き付ける

翌日に別の集まりがあるなど、すぐに着用したい場合は、ドライヤーの熱風を当てて、ニオイを吹き飛ばしましょう。タバコのニオイは水に溶けやすいので、霧吹きなどで湿らせてから使うとより効果的です。

ドライヤーの熱風を吹き付ける

S.Dashkevych / Shutterstock.com

2.入浴後の浴室に吊るす

シャワーを浴びた後や入浴後のまだ蒸気が残っている浴室に、洋服をハンガーにかけたまま一晩吊るしておきます。翌日、風通しの良いところで湿気を飛ばすと、ニオイだけでなく、シワも取れています。スチームアイロンを当てて、ニオイを飛ばすのと同じ原理です。

入浴後の浴室に吊るす

flashgun / Shutterstock.com

3.消臭スプレーを使う

ニオイがつくのが毎年のことなら、ニオイの付着を抑える防臭対策を講じておきましょう。消臭スプレーはついたニオイを除去するだけでなく、つきにくくする働きもあるので、使用前後にスプレーするとより効果的です。コートは前面10回程度、上衣下衣はともに全体に5~6回程度、ワンピースは全体に10回程度が目安です。

原始的な方法ですが、コートや上着は、居酒屋やカラオケボックスを出てすぐバサバサと振るだけでも、ニオイを軽減することができます。翌日、天気がよければ、外に干して風を当ててニオイを吹き飛ばしましょう。