ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
プロ野球シーズン終了。応援グッズはしっかりお手入れしてからしまいたい
出典 : YAI STUDIO /Shutterstock.com

プロ野球シーズン終了。応援グッズはしっかりお手入れしてからしまいたい

今年も通ったひいきチームの応援&観戦。ネーム入りタオルや応援フラッグは薄汚れ、レプリカユニフォームは、汗のニオイが気になります。来シーズンのためにも、きれいにしてからしまいましょう。

  • 創文舎 arisa_125
プロ野球シーズン終了。応援グッズはしっかりお手入れしてからしまいたい

graphbottles / Shutterstock.com

応援グッズをケアして、来年こそ優勝を!

カープ女子に代表されるように、野球好き女性が増えています。ひいきチームのために、ホームゲームには毎回のように足を運び、声をからして応援したという人も多いことでしょう。

かつては男性中心だった野球観戦、応援グッズといえばメガホンとレプリカユニフォームくらいでしたが、最近の応援グッズはじつに多彩です。女性ファンが持つグッズは、手作りのフラッグや応援ボード、ぬいぐるみ、アップリケや刺繍を施したユニフォームなど、目を見張るばかりの華やかさ。

シーズンが終了してしまった今、何度も袖を通したレプリカユニフォームをはじめ、野球帽、フラッグ、ネーム入りタオル、手作りグッズなどをきれいにしまって、来年また応援しましょう。

ただ、直接選手にサインを書いてもらったレプリカユニフォームだけは、汗が染みついていても、洗濯する勇気が出てきません。洗わずに汚れやニオイを取る方法はないのでしょうか?

応援グッズをケアして、来年こそ優勝を!

stockphoto-graf / Shutterstock.com

応援グッズのお手入れとニオイ対策

洗えるものは洗い、洗えないものは汚れた部分をピンポイントで落とし、消臭対策を施してから収納しましょう。どこにしまったかわからなくならないよう、ひとまとめにしておくと便利です。

【お手入れの手順】

1.タオルやリストバンドなど、普通に洗濯できるものは洗濯しておきましょう。

2.レプリカユニフォームや野球帽、フラッグなど、洗濯したくないもの、洗濯しにくいものは、薄めた中性洗剤に浸し、固くしぼったタオルを汚れた部分に当て、トントンと汚れを叩き出します。仕上げに、ぬるま湯に浸してしぼったタオルで残った中性洗剤を拭いてください。なお、中性洗剤には、食器洗い洗剤やおしゃれ着用洗剤があります。

3.ニオイは汗や汚れに雑菌が繁殖することが原因です。普通に洗濯できるタオルやリストバンドとあわせて、干す前に除菌効果のある消臭スプレーを吹き付けておくと、消臭だけでなく、防臭にも効果があります。タオルは2~3回、リストハンドは1回、フラッグは1~2回、レプリカユニフォームは5~6回程度それぞれ吹き付け、しっかり乾かします。

4.収納ケースに除湿シートを敷き、すべての応援グッズを収納します。スティックやメガホンなども、一緒にしまっておきましょう。

応援グッズのお手入れとニオイ対策

wk1003mike / Shutterstock.com

野球のレプリカユニフォームは、下にTシャツなどを着るため、直接肌に触れることはありませんが、記念Tシャツやサッカーのレプリカユニフォームなどは下に何か着てもキャミソール程度なので、汗が付着してしまいます。その場合は、「サインを裏返す」「洗濯ネットに入れる」「他のものと一緒に洗わない」を基本に、おしゃれ洗剤で手洗いか、洗濯機のソフトコースで洗いましょう。

野球応援グッズをお手入れしていると、すでに来シーズンが待ち遠しくなります。すっきりしたグッズとともに、来年また応援したいですね。