ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
車での帰省も、夫と思春期の息子が乗る車内は、暖房のせいで体臭がこもる!
出典 : hedgehog111 /Shutterstock.com

車での帰省も、夫と思春期の息子が乗る車内は、暖房のせいで体臭がこもる!

窓を開けられない冬は、車内にニオイがこもりがちです。家族連れ立ってのドライブはまさに加齢臭VS思春期臭。そこで、効果的な防臭&消臭対策を紹介します。

  • 創文舎 arisa_125
車での帰省も、夫と思春期の息子が乗る車内は、暖房のせいで体臭がこもる!

liza54500 / Shutterstock.com

犠牲者はママ!? 狭い車内に充満する思春期臭&加齢臭

お正月は夫の実家へ里帰り。片道5時間の道程を、時に渋滞に巻き込まれながら進みます。以前より車内が狭く感じるのは、子どもたちが成長した証し。「時が経つのは早いもの」と、感傷に浸ってばかりもいられません。

子どもたちが大きくなるにつれ、感じるようになってきたのが体臭です。一方、夫は夫で加齢臭が気になる年代に差しかかり、狭間に立つママはまさにスメハラの犠牲者。とくに、冬のドライブは暖房が効いている分、ニオイが際立ちます。

思春期臭と加齢臭がブレンドされた車内のニオイは、窓を開けたくらいでは収まりません。そのまま乗り続けていると、車酔いの原因にもなりそうです。

家族一緒に過ごせるのもあと数年。楽しい思い出が、クサイ思い出にならないよう、あらかじめ手を打っておくことも必要です。夫はともかく、これも子育ての一環といえるかもしれませんね。

犠牲者はママ!? 狭い車内に充満する思春期臭&加齢臭

wizdata1 / Shutterstock.com

車内のニオイ対策

狭い車内に、定員に近い人数を乗せて長時間走れば、体臭が気になるのは当然のこと。あらかじめニオイ対策をしておくのは必須です。ドライブの後、車内に残ったニオイはただちに取り除きましょう。

1.重曹水を吹きかける

加齢臭や思春期の時に出る体臭には、アルカリ性の重曹が効果的です。長時間ドライブした後に残る悪臭には、重曹スプレーを吹きかけるとニオイが軽減されます。ダッシュボードやハンドルなど、布以外のところはタオルに含ませて拭きましょう。

【重曹水のつくり方】

水250mlに対し、重曹大さじ1が目安です。水よりお湯の方が溶けやすいので、沸騰しない程度のお湯で溶かしましょう。その方が、アルカリパワーもアップします。

【重曹水のつくり方】

Simon Kadula / Shutterstock.com

2.車用空気清浄機を使う

花粉やPM2.5など、空気汚染が社会問題となっている中、車用空気清浄機が注目を集めています。性能面に差はありますが、エアコンの送風口に取り付けられるものやペットボトルホルダーに収まるものなど、様々なタイプのものが各メーカーから発売されており、価格も1万円以内のものが中心です。イオンの発生により、加齢臭や思春期臭が充満した車内の空気を清浄・消臭してくれます。

3.車用消臭剤を設置する

いちばんお手軽なのは、置いておくだけでニオイが取れる車用車置き型消臭剤です。ニオイが染みつく前に、あらかじめセットしておくと防臭にもなります。強い香りが苦手な人は、香りの強弱を調節できるものがおすすめです。

新陳代謝が活発な子どもはよく汗をかきます。あらかじめ制汗剤などを使っておくのも体臭の抑制につながりそうですね。ただし、加齢臭には一般的な制汗剤は効かないので、専用のものを使いましょう。