ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
車のシートに置き忘れたサッカーシューズ。もしかして、それが悪臭の原因?
出典 : sutham /Shutterstock.com

車のシートに置き忘れたサッカーシューズ。もしかして、それが悪臭の原因?

車内がクサイ! 原因は、車のシートに置き忘れた息子のサッカーシューズです。車内の消臭はもちろん、足のケアもニオイの抑制につながります。どうやってニオイを取るか、どうすればニオイを防げるか、いくつか紹介しましょう。

  • 創文舎 arisa_125
車のシートに置き忘れたサッカーシューズ。もしかして、それが悪臭の原因?

Matt Gibson / Shutterstock.com

汗で湿ったスポーツシューズは悪臭の発生源

息子が通うサッカークラブの練習は週3回。いつもは余裕を持って出かけるのに、なぜか今日に限って、時間になっても自分の部屋から出てきません。どうしたのかと尋ねると、サッカーシューズが見当たらないとのこと。

前回、練習が終わった後の足取りを振り返ったところ、1つだけ思い当たるところがありました。それは、練習帰りに息子が座った車の後部座席です。急いで車へ向かうと、予想的中! そこには、置き忘れたままのサッカーシューズがありました。

ところが、車のドアを開けた途端、強烈なニオイが・・・。練習でたっぷり汗をかき、そのままシートに置かれたサッカーシューズは、けっして嗅いではいけない衝撃的な悪臭を放っていたのです。

暖房を使う冬は、車内に充満したニオイを取り除かなければ、状況はさらに悪化してしまいます。そうならないためにも、防臭対策は普段からしっかりやっておきたいもの。冬だからといって、油断は禁物です。

汗で湿ったスポーツシューズは悪臭の発生源

matimix/ Shutterstock.com

足と車内のニオイ対策

体臭の中でも足のニオイは強烈です。そのニオイが狭い車内に充満すれば、車を使うのをためらってしまいそうです。そうならないためにも、知り得る限りの方法で消臭しましょう。

1.ミョウバンスプレーを吹き付ける

消臭効果にすぐれたミョウバンは、はるか昔からデオドラント剤として使われてきました。ミョウバン水をつくって、お風呂上りの足や、靴下の上から吹きかけると、ニオイの発生を防いでくれます。また、車内の消臭にも効果があるため、シートはもちろん、ダッシュボードや天井など、社内全体に吹きかけると、嫌なニオイも気にならなくなります。

【ミョウバン水のつくり方】

ミョウバン水は、ペットボトルに1500mlの水を入れ、ミョウバン50gを溶かしてつくります。使う時は20倍に薄め、スプレーボトルに入れてください。ミョウバン水は冷蔵保存で約1ヵ月持ちます。

お風呂上りの足や、靴下の上

Artem Furman / Shutterstock.com

2.綿100%の靴下に替える

ポリエステルなどの化学繊維は吸湿性が悪く、雑菌が繁殖しやすいため、汗をかくと悪臭が発生します。できれば、靴下は綿100%のものにしましょう。それだけで、靴のニオイが軽減されます。

3.車用消臭剤を使う

車内に漂う悪臭を吸い取ってくれるのが車用消臭剤です。ニオイが気になってから設置しても十分に効果はありますが、あらかじめ設置しておくと防臭対策になり、より効果的です。とくに、窓を開けられない季節には重宝します。

子どもの足だからといって侮れません。サイズは小さくても、ニオイの破壊力は大人並み。車内に置き忘れた靴がクサイなら、ニオイの元を断つのが先決です。