ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
熱燗のつまみには、スメルが気になるあの干物
出典 : yasuhiro amano /Shutterstock.com

熱燗のつまみには、スメルが気になるあの干物

冬は熱燗にスルメが一番。たとえ、ニオイが強烈でも、子どもが寝た後、夫と晩酌するのが一日の楽しみです。それが、仕事と子育ての原動力! ただ、ニオイが染みついてしまい、逆に家事が増えては本末転倒です。

  • 創文舎 arisa_125

炙ったスルメは旨いが、クサイ!

噛めば噛むほどおいしい魚などの乾物は、食べ出したらキリがありません。ただし、食べている本人は気にならなくても、乾物のニオイは生の魚とは比べものにならないほど強烈です。とくにイカは魚介類の中でも、ニオイの元となる成分を多く含んでいるため、スルメを焼くと、家全体に特有のニオイが広がり、何日も消えません。このままでは、玄関の呼び鈴が鳴っても、ドアを開けるのをためらってしまいそうです。

炒めたお茶っ葉で嫌なニオイを一掃

乾物の強烈なニオイは、即効性のある消臭方法で一掃してしまいましょう。炙ったスルメのニオイが残るキッチンで、お茶っ葉を炒めてみてください。瞬く間にお茶っ葉が嫌なニオイを吸い取り、いい香りが部屋全体を包みます。ただ、晩酌のあとは何かと腰が重いもの。そんな時は、やはり置き型消臭剤が一番! 置くだけで防臭にもなり、手軽で便利です。なお、食べ残したスルメは、ニオイを封じ込めるためにも新聞紙などに包んでしまっておきましょう。

手強い乾物のニオイを一掃できれば、お酒もいっそうおいしく味わえそうですね。