ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
休んでなんていられない。 絶対インフルエンザなんてならないぞ!
出典 :  liza54500/Shutterstock.com

休んでなんていられない。 絶対インフルエンザなんてならないぞ!

かねてから希望していた新しい部署に異動になりました。頑張りどきのこの時期に、「お休みします」なんて事態は避けたいから、今年は絶対風邪をひきたくありません。正しい生活習慣で免疫をあげて、予防接種をして、マスクをして、手洗いうがいを徹底して・・・あとは何をしたら冬の風邪をひかずにすむでしょう?

  • terasaki

漂うウイルスが感染源

インフルエンザに代表される冬の感染症の多くは、ウイルスに感染して発症します。ウイルスは、感染した人の咳やくしゃみの飛沫の中に含まれているので、それらに触れないことが予防になります。しかし、空気中に浮遊しているインフルエンザウイルスは、条件次第で1日以上は感染力を持ち続けるので、注意が必要です。

ウイルスを家には持ち込まない

手洗いうがいをして飛沫を吸い込まないようにするのはもちろん、衣服や持ち物についた病原体の飛沫を家に持ち込まないようにしたいですね。玄関にアルコール消毒や除菌スプレーを常備しておき、外から帰ったら手をアルコール消毒し、除菌スプレーでコートならば10回程度、上着な5回程度スプレーして部屋に入れば、ウイルスやその他の菌を玄関でシャットアウトしやすくなります。ウイルスは低湿度、低温度を好むので、部屋を加湿して暖かくしておくことも大切です。

冬の感染症が本格的に猛威を振るう前に、改めて感染症予防について考えておくといいですね。