ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
新しいアルバイトは鉄板焼きの店。油や煙のニオイがついた制服がクサすぎる
出典 : natthi phaocharoen/Shutterstock.com

新しいアルバイトは鉄板焼きの店。油や煙のニオイがついた制服がクサすぎる

油や熱が伴う料理のニオイはとても強く、衣類に付着してしまうとなかなか取れません。毎日洗えない制服は、一晩でできる消臭ケアでしつこい油のニオイを消し去りましょう!

  • 創文舎 hamo

衣類につきやすい油のニオイ

衣類につきやすい油のニオイ

mnimage/Shutterstock.com

目の前でジュージュー焼き上げる鉄板焼きは、見ているだけで食欲をそそられる臨場感満点の料理。お店で食事をして帰るだけでも髪の毛や衣服にニオイがつきやすいのに、そこで働くとなると付着するニオイは相当なものです。

中に着るシャツやインナー類は毎日洗濯できても、上着やボトムスなどの制服の類は、洗い替えがそれほどあるわけではないので、洗わずに翌日着ることも。しつこい油汚れを消臭するにはどのような方法があるでしょう。

鉄板焼きのニオイがつきやすい理由

鉄板焼きのニオイがつきやすい理由

PR Image Factory/Shutterstock.com

そもそも、なぜ、鉄板焼きや焼肉といったメニューはニオイがつきやすいのでしょうか。その理由は温度と深い関わりがあります。

どんな料理も物質も、「分子」という小さな粒子でできています。そして、ニオイも分子で構成されています。その分子はそれぞれにエネルギーをもち、温度が高ければ高いほどエネルギーは大きくなり空中を飛び回ります。

対して、衣類は細かな繊維で織られており、表面積が広いのが特徴。表面には凹凸も多く、分子が引っ掛かりやすい構造をしています。

鉄板焼きは、熱く熱した鉄板で焼く料理。その熱で、油やニオイ分子は飛ばされ、衣類の表面に吸着します。エネルギーの強いニオイ分子と分子を吸着させやすい衣類が揃うのですから、当然ニオイはつきやすくなります。

油のニオイは蒸気+消臭スプレーで撃退

油のニオイが染み付いた制服を消臭するには、まずは、ニオイ分子を飛ばすことが有効です。制服をバサバサ振るだけでも効果はありますが、家の中でやってしまうと、室内にニオイ分子が拡散してしまうので、浴室などの換気扇のある場所で振り払うか、ドライヤーなどを使って風をあてましょう。

入浴後の浴室ならば、そのままハンガーなどに吊して一晩置いておけば、水蒸気が蒸発する際にニオイを一緒に取り去り、翌日にはかなりスッキリしているはずです。
浴室から出した後、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを制服に片面ずつ5、6回スプレーし完全に乾くまで陰干ししておきます。

ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、油などの食べ物臭によく効く中和消臭成分を配合しています。スプレーすることで有効成分が繊維の奥まで浸透し、取りきれなかったニオイ分子に働きかけ、化学的に分解・中和してニオイを消し去ります。

毎日洗濯できるシャツやインナーも、洗濯した後にファブリーズをスプレーすることで、ニオイ残りを解消し、仕事中につく油のニオイを緩和する効果も期待できます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

毎日洗えない制服も、一晩吊してスプレーするだけでニオイがスッキリ。油のニオイは溜め込むと取れづらくなるのでこまめなケアが必要です。