ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
下駄箱からメインルームまで。一人暮らしの部屋を徹底消臭&芳香!!
出典 : PR Image Factory /Shutterstock.com

下駄箱からメインルームまで。一人暮らしの部屋を徹底消臭&芳香!!

里帰り中の期間を利用して、手づくり消臭&芳香剤や市販の置き型消臭剤で、一人暮らしの部屋に染みついたニオイを何とかしませんか? 新しい年は素敵な香りに包まれてシングルライフを満喫しましょう。

  • 創文舎 arisa_125
下駄箱からメインルームまで。一人暮らしの部屋を徹底消臭&芳香!!

AlexSmith / Shutterstock.com

マイルームの消臭&芳香は、留守中がチャンス!

ワンルームや1DKなど、一人暮らしのコンパクトな部屋の大掃除は、冷蔵庫や本棚をずらして掃除機をかけたり、窓拭きをしたりと、いつもより念入りにやっても、1日あれば終わります。

ただ、掃除だけでは、気になっていたニオイを取り除くことはできません。一人暮らしの部屋は、ラグにカーテン、ベッドなど、ニオイが付着しやすい布製品がひとところに集中しているため、調理臭や体臭など、毎日の暮らしの中で発生するニオイが「生活臭」となって部屋全体に染みついてしまいます。

しかも、自分ではわからないのが「生活臭」の厄介なところ。遊びに来た友人に「くさっ!」と思われないためにも、里帰りの予定のある人は、留守中の期間を利用して、マイルームの消臭&芳香にチャレンジしてみませんか? 

市販の消臭剤はもちろん、ちょっとした工夫で、トイレや下駄箱などの悪臭もキレイさっぱりなくなります。きっと、素敵な香りが故郷から戻ったあなたを迎えてくれますよ。

消臭&芳香剤のつくり方とニオイ対策

材料さえそろえれば、だれでも簡単につくれる消臭&芳香剤。市販のものと併用して、いろいろな場所に置いて楽しんでみましょう。

1.香りも楽しめる手づくり消臭剤

重曹でつくる

消臭効果のある重曹にアロマオイルを垂らすだけで、香りも楽しめる消臭剤ができ上がります。クローゼット、玄関、トイレと、いろいろなところで使えます。
【用意するもの】ガラスの小瓶、重曹、アロマオイル、ガーゼ、紐。
【つくり方】重曹約100gにアロマオイル10~20滴(※お好みで)を垂らし、よくまぜたら、倒してもこぼれないようガーゼなどをかぶせ、紐でしばりましょう。

香りも楽しめる手づくり消臭剤

EKramar / Shutterstock.com

保冷剤でつくる

ケーキを買った時などについてくる保冷剤を利用して、消臭&芳香剤をつくります。クローゼット、玄関、トイレと、いろいろなところで使えます。
【用意するもの】ガラスの小瓶、保冷剤、アロマオイルや香水、柔軟剤など香りのするもの、ガーゼ、紐
【つくり方】解凍してゼリー状になった保冷剤に、アロマオイルや香水など、好きな香りを入れて、よくまぜたら、倒してもこぼれないようガーゼなどをかぶせ、紐でしばりましょう。

2.手づくり芳香剤

リードディフューザー

竹ひごやラタンなど、リードと呼ばれるスティックがフレグランス液を吸い上げ、周辺に香りを拡散するのがリードディフューザーと呼ばれる芳香剤です。メインルームには、手づくりのリードディフューザーを置いて、香りを楽しみましょう。香りに使うアロマオイルは、100円ショップにも売っています。
【用意するもの】ガラスノーの小瓶、無水エタノール、アロマオイル、竹串か専用のリードスティックを5~10本
【つくり方】無水エタノールとアロマオイルは9:1の割合で配合し、そこに竹串か専用のリードスティックを入れます。香りの強弱は本数で調節すること。

リードディフューザー

Africa Studio / Shutterstock.com

3.市販の置き型消臭剤

お正月休みが終わり、日常に戻ると、また忙しい毎日がやってきます。手づくりの消臭&芳香剤は時間のある時に楽しむとして、忙しい時の消臭&芳香剤は、信頼性の面からもやはり市販の置き型消臭剤がお手軽で安心です。芳香機能があるものなら、ニオイをとってくれてさらにやさしい香りも楽しめます。下駄箱や押し入れ、シンクの下などに置いてみましょう。

手づくり消臭剤や芳香剤は、1度つくると、次は別な香りのものをつくってみたくなるもの。つくり比べて、自分に合った香りを見つけてみてはいかがでしょうか。