ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
足元を温めてくれるルームシューズ。毎日履いているとニオイが心配
出典 : Tatyana Abramovich/Shutterstock.com

足元を温めてくれるルームシューズ。毎日履いているとニオイが心配

引越し先のフローリングに合わせて新調した、布製のモコモコしたルームシューズ。温かくて手放せないけど、恐る恐る鼻を近づけてみると、やっぱり感じる足のニオイ。

  • 創文舎 hamo

スリッパよりクサイ?! ルームシューズ

スリッパよりクサイ?! ルームシューズ

Eric Isselee/Shutterstock.com

お洒落でナチュラルなフローリングに思わずウキウキの新居。でも、思った以上に足元から感じる冷え…。寒さ対策にと購入した、かかとまですっぽりと包み込む内側がモコモコした布製ルームシューズは、足裏がポカポカして今ではすっかり手放せない存在に。寒くなってからずっと履き続けた結果、気がつけばシューズの中はムレムレのくっさーい足のニオイが…。

靴下を履いているから大丈夫と思っていたけれど、やはり、スリッパよりも遥かに密閉度が高いルームシューズは蒸れやすい構造です。靴下とルームシューズとのダブル保温で温められた足裏は、知らず知らずのうちに汗をかき雑菌が繁殖しています。

加えて、冬のかかとは乾燥してガサガサになりがち。ガサガサかかとは、古い角質が靴下などに引っかかって取れやすく、落ちた角質が原因となり雑菌が増えて足のニオイをより強くします。

ルームシューズのニオイの悩み解消法

ルームシューズのニオイの悩み解消法

Nikolai Lan/Shutterstock.com

ルームシューズに染み付いた足のニオイを取るには、洗い流すのが手っ取り早い方法です。しかし、スリッパやルームシューズには洗えるものと洗えないものがあります。まずは、洗濯表示を確認して、洗える素材かどうかを確かめてみましょう。

洗えるルームシューズの場合

バケツや桶にぬるま湯をはり、2リットルに対し重曹を小さじ6~7杯程度を目安に溶かします。そこにルームシューズを入れ、1~2時間ほど浸け置きます。
その後、重層水から取り出し、水を捨てたら新たにぬるま湯をはり、今度は洗濯用洗剤を分量分入れ溶かし、ルームシューズを丁寧に手洗いしましょう。手荒れしやすい人は手袋の着用を。

洗い終わったら、もみ洗いするように水ですすぎ、洗濯機で軽く脱水します。新聞紙等を詰め、大方水気を取ったら、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを10回程度スプレーし風通しの良い所で干します。

乾きにくいルームシューズは、生乾きの状態で雑菌が発生すると新たなニオイの原因になってしまいます。濡れた状態でファブリーズの布用消臭除菌スプレーを吹きかけることで、落としきれなかった雑菌を除菌し、さらに湿った状態で増殖する雑菌も抑制することができます。

洗えないルームシューズの場合

型崩れしやすいものや傷みやすい生地でできたルームシューズは洗濯できない場合もあります。お手入れ方法としては、表面や中に付いたゴミや汚れをきれいに取り去り、ルームシューズ全体にファブリーズの布用消臭除菌スプレーを10回程度スプレーし、陰干しします。

ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、布に付いた雑菌をスプレーすることで99.9%まで取り除けることが実験で実証されています。また、体臭を効果的に消臭するポリマー消臭成分が配合されており、しっかり除菌しながら繊維に浸透し、ニオイの元を分解・中和して消臭することができます。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

洗濯の回数を重ねると布地のボリュームダウンや型崩れは避けられません。洗えるものも、普段からファブリーズでのケアを習慣にして、できるだけ洗う回数も控えめにすると、お気に入りのルームシューズを長持ちさせられますね。