ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
朝食後の食器洗いの時間がない! そんな時も安心できる、ニオイの番人
出典 : WenbinDu/Shutterstock.com

朝食後の食器洗いの時間がない! そんな時も安心できる、ニオイの番人

朝早く出勤しなきゃならない働くママは、朝食後の食器洗いをするのも一苦労…どうしても時間がない時は、シンクに食器をさげてそのまま出勤、なんてこともありますよね。そんな時、気になるのがキッチンに広がるイヤなニオイです。このニオイを防ぐにはどのような方法があるのでしょうか。

  • 創文舎 hamo

残された食器から漂う不快臭

残された食器から漂う不快臭

Anton Watman/Shutterstock.com

家を出る前にできるだけ家事を終わらせて、仕事から帰ってきた時にはホッと一息つきたいというのが、働くママの本音ではありますが、家族の生活時間や出勤時間を考えると思った通りにはなかなかいかないものです。とくに、出勤時間の早いママなら、「食べた食器はキッチンに下げておいてね! 」と言い残し、先に家を出るという方も多いのではないでしょうか?
ママの後にパパや子どもたちも出掛け、誰もいなくなった家の中には、洗う暇がなく台所に残された食器たち…。帰ってきた時には、キッチンからイヤ~なニオイが漂ってきます。

食器を放置するとどうなる?

実は食器を放置すると、ニオイだけでなく他にも大きな問題が発生します。
例えば、洗い桶などに水をはって食器を浸けおきしたのはいいけれど、洗うのが面倒くさくてそのまま放置、なんてこともあるかと思います。実はこれ、とても不潔で危険な行為です。衛生微生物研究センターの調べによると、夏場に水をはってそのまま10時間浸けておいた食器は、大腸菌やブドウ球菌などの数がなんと約7万倍に増えてしまうというのです。
「でも、どうせ洗剤で洗うのだから大丈夫なのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、この状態にまでなると、しっかり洗っても、菌はかなりの数が残ってしまいます。とくに洗いづらい箇所に至っては、約10分の1にしかなりませんので、ほとんど意味がありません。その分、食中毒の危険性も増えます。
また、はった水に洗剤を混ぜて浸けおきする方もいるでしょう。しかし、20〜30℃の環境下では、菌の数は洗剤を入れても8時間後には約4倍以上になります(エフシージー総合研究所調べ)。浸けおきなしで放置をすると食べ残しがこびりついてなかなか取れないといった問題も出てきます。
これらのことから洗い物は、なるべくすぐに洗うことがベストなのです。

放置をしない工夫をする

食中毒の危険性が上がるとわかっても、食べた後は洗うのがどうしても面倒くさくて…ということもありますよね。そんな時は、なるべく調理の段階で洗い物をしてしまうことをオススメします。
使い終わった器具を調理中に全部洗っておけば、食後は食器や箸・カトラリーを洗うだけ。フライパンや鍋などは、使用後にキッチンペーパーなどで油分を拭きとっておけば、洗剤の二度づけなしできれいになるでしょう。
炊飯器のお釜にこびりついた米粒も、10分ほど水に浸けておくだけで簡単に落とせます。はじめにお釜以外のものを洗ってしまい、最後にお釜を洗えば、10分待ったという感覚もないでしょう。
食後、油汚れやこびりつき汚れがひどい食器は、すぐに新聞紙やキッチンペーパーで汚れを拭き取ったり、お湯ですすぎ流したりしておけば、洗う際の手間も省けます。

この他にも、洗い物が増えないように使用する食器を少なくするなど、なるべく後々「面倒くさく」ならない工夫をしておくことが大切です。

食器を放置する時の一工夫

食器を放置する時の一工夫

Cegli/Shutterstock.com

それでも、やはり、すぐには洗い物ができない状況もありますよね。そんな時には、シンクの洗い桶にぬるま湯をはり、大さじ2~3杯の重曹を溶かしておきましょう。その中に食器をさげてもらうようにすると、ニオイも抑えられ、後で洗う時もすんなり汚れが落ちます。ただし、重曹はアルミ製品を黒ずませてしまう性質があるので、鍋やトレーなどのアルミ製品には注意が必要です。

キッチンにはニオイの番人を

キッチンは、洗えなかった食器の他、臭う原因がいくつもあります。排水溝に溜まったぬめりや、三角コーナーに溜まったゴミ、シンク下の湿気たニオイ、前の日の晩に揚げものをした後の油のニオイなど挙げていけばキリがありません。
どのニオイも原因から取り除くことができれば一番なのですが、普段の掃除でそのすべてに対応するのは難しいのが現実です。水回りの手強い掃除は、お休みの日にしっかり時間をかけて行い、普段のニオイ対策は、ファブリーズの置き型消臭剤に任せてはどうでしょう?

ファブリーズの置き型消臭剤は、空気中に漂うニオイ成分をキャッチするニオイキャッチゼリーというゲル状の消臭剤が中にびっしり詰まっています。一度捕えたニオイ分子はゼリーの中に吸収され、消臭成分が科学的に中和することでニオイ自体を消滅させます。
また、森林フィトンという自然界に存在する浄化成分と同じ組成の成分も配合しており、細菌やカビの増加を抑制する働きもあります。

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ニオイの原因をいくつも抱えるキッチンには、ニオイの番人ファブリーズの置き型消臭剤を置いて、残された食器やその他の台所臭をまとめて消臭しましょう。