ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
毛足の長いフェイクファーのコート。しまう前にニオイのケアを
出典 : Victoria Chudinova/Shutterstock.com

毛足の長いフェイクファーのコート。しまう前にニオイのケアを

冬物のコートは洗いづらく、とくに毛足の長いものは、シーズン中はできるだけきれいにキープしておきたいものです。着た後のちょっとした工夫で、クリーニングに出さなくても次回も気持ちよく着られる方法を紹介します。

  • 創文舎 hamo

クローゼット直行はNG

クローゼット直行はNG

Jelena990/Shutterstock.com

冬になると心惹かれるフワフワのフェイクファー。コートの襟もとやフードのアクセント、スヌードなど様々なファッションアイテムに登場しますが、やはり、ここぞというデートの時には、ゴージャス&キュートに見せるフェイクファーコートが活躍します。
普段のコートと違い、毛足が長い分お手入れに戸惑ってしまいますが、よくわからないからとりあえずクローゼットへ直行というのはNGです。

フェイクファーに限らず、冬のコートはクローゼットにしまう前に1ステップケアを挟みたいもの。空気中に漂うニオイ分子は、コートなどの衣類の繊維に引っかかり家まで付いてきます。玄関でコートを脱いだら、衣類用のブラシなどで毛並みに沿ってブラッシングしニオイを払い落とす習慣をつけましょう。

フェイクファーは洗濯できる?

フェイクファーは洗濯できる?

Cookie Studio/Shutterstock.com

フェイクファーは動物の毛皮を使ったリアルファーとは違い、アクリルやポリエステルなどの化繊でできているため、ものによっては自宅で洗濯できるコートもあります。コートについている洗濯表示を確認してみましょう。中には、洗濯機で洗えるコートもありますが、毛並が乱れたり、毛のボリュームが変わってしまったりとトラブルも多いので、取扱いは慎重に、できればおしゃれ着洗い用の洗剤を使った手洗いが安心です。

毛並みを長持ちさせるデイリーケア

自宅で洗濯OKでも、着る度に洗濯すると、やはり素材の劣化が心配です。着る頻度にもよりますが、洗濯はシーズンに1、2度程度が望ましいのではないでしょうか。

普段のケアは、帰宅後のブラッシングでホコリやニオイを払い、毛並を整えた後、コートの内側に10回程度ファブリーズの布用消臭除菌スプレーをスプレーし、陰干ししておくと、コートの内側にこもった汗のニオイをリセットし、ニオイの原因になる雑菌の発生も抑制します。

また、肌に直接触れる襟元や袖口などの汚れが気になった時は、ぬるま湯におしゃれ着用洗剤を溶かした洗浄液に浸して固く絞った布でやさしく拭き、その後、キレイな水を含ませた布で洗浄成分を取り除いて乾燥させましょう。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

フワフワの毛並みが愛らしいフェイクファーのコート。やさしくお手入れして長持ちさせたいですね。