ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
妊娠しながらお仕事続行中。職場も家も、あらゆるニオイが鼻につく
出典 : Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠しながらお仕事続行中。職場も家も、あらゆるニオイが鼻につく

妊娠中、ニオイに敏感になる「ニオイつわり」を経験する人が多いそうです。症状が治まるまではつらいニオイを我慢せず、消臭アイテムを使って、原因となるニオイを抑制するのも一つの手段です。

  • 創文舎 hamo

吐き気をもよおすニオイつわり

吐き気をもよおすニオイつわり

liza54500/Shutterstock.com

人によって症状が異なる妊娠中のつわり。妊娠前とほとんど変わらない生活を送る人もいれば、ちょっとした刺激にも反応し、吐き気やおう吐を繰り返す人もいます。原因は医学的にはっきり解明されていませんが、女性ホルモンの変化や赤ちゃんを守るための防衛機能だという説が有力です。

通常、妊娠初期から安定期にかけて発現し、徐々に収まる傾向にありますが、人によっては出産まで続く場合もあり、期間も症状も個人差が大きいものです。
そんなつわりの症状の中で、多くの妊婦さんが経験するのが、ニオイに敏感に反応する「ニオイつわり」。妊娠前は何ともなかったニオイなのに、妊娠中は苦手なニオイに変わり、そのニオイを嗅ぐたびに吐き気やおう吐をもよおすというものです。

代表的なところでは「ご飯が炊ける時のニオイ」が苦手になるとよくいわれますが、人によってそのニオイは様々です。ご飯支度のニオイ全般や、汗のニオイ、生ゴミのニオイ、中には旦那さんや上の子のニオイなど、暮らしの中にあるあらゆるニオイが苦手になるという人も多いようです。

ニオイを避けるつわり予防

ニオイを避けるつわり予防

leungchopan/Shutterstock.com

今の日本には、残念ながらつわりに効く特効薬はないそうです。しかし、あくまで一過性のもので16週頃を過ぎれば治まってきます。期間限定の体調の変化と割り切って、ニオイ対策をした方が得策かもしれません。

1 ニオイを嗅がないようにする

マスクを活用したり、鼻栓を使って口呼吸で生活するなど、できるだけニオイを嗅がないように工夫しましょう。感染症に罹らないためにも、通勤時や外出時のマスクは必須アイテムですね。

2 アロマオイルを活用する

お気に入りのアロマオイルを含ませたハンカチなどを携帯し、外出先や勤務先で具合が悪くなりそうになったら鼻にあてるようしましょう。ただし、妊娠中の体に影響を与えるアロマもあるので、香り選びは慎重に。

3 香料無添加のファブリーズを活用する

布製品は表面積が広く、室内に漂うニオイを吸着させる性質があります。汗のニオイや油のニオイなどニオイつわりの原因となるニオイ分子は、部屋のカーテンやソファなどの大型のファブリックにつきがち。

ファブリーズの布用消臭スプレーなら、カーテンやソファに20回程度スプレーすることで繊維の奥まで消臭成分が浸透し、ニオイ分子を分解・中和してニオイそのものを無くします。また、香料無添加ファブリーズなら、消臭した後に香りを残さないので、ニオイに敏感な妊婦さんでも安心です。

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

消臭グッズを携帯しておけば、もしもの事態に遭遇しても落ち着いて対処できそうですね。職場には置きファブリーズ、カバンには、アロマハンカチを忍ばせてニオイつわりを乗り切りましょう!