ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
お弁当を入れるトートバッグ、ニオイが気になる時は…お手入れしましょ
出典 : MaNoW/Shutterstock.com

お弁当を入れるトートバッグ、ニオイが気になる時は…お手入れしましょ

トートバッグは、会社にお弁当を持参する時や昼休憩時の外食用ミニバッグとしても大活躍。でも、毎日使っていると、ニオイが染みついている可能性があります。布地のトートバッグは生地が厚く、型崩れも心配で、どうやって洗えばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか? そこで、お手入れのポイントを紹介します。

  • abe

汚れやすいトートバッグ

汚れやすいトートバッグ

Thitirat J13/ Shutterstock.com

布地トートバッグの網目の奥には、ホコリが溜まりやすく、黒ずみや黄ばみの原因になります。そして、持ち手は、どうしても汚れが目立ってしまう部分です。原因は、皮脂汚れといわれており、洗濯機で洗うだけでは落ちないことがほとんど。毎日使うことで、汚れは溜まる一方なのです。

トートバッグのお手入れ

トートバッグのお手入れ

Tinatin/ Shutterstock.com

ブラッシングして風通しのいい所へ

洋服用のブラシで、全体をブラッシングして、ホコリをかきだしましょう。そして、トートバッグから中身を出して、風通しのいい所にかけておくこと。お弁当を入れたまま置きっぱなしにすると、湿気で汚れや黄ばみがでてくることがあります。また、雨や雪で濡れてしまった時は、できるだけ早く乾いた布で水分を拭き取ってください。ものを詰め込みすぎないのもポイント。型崩れして、見栄えが悪くなってしまいます。

押し洗いしてから陰干しに

軽い汚れであれば、プラスティック消しゴムで軽くこすってみてください。あまりゴシゴシこすりすぎると、その部分だけ白くなってしまうので要注意。気になる部分の皮脂汚れを落としたい時は、弱アルカリ性の固形石けんを使います。水で濡らしてから、固形石けんを塗り付けましょう。ヘラなどでこすって汚れを落としたら、水ですすいでください。

次に、トートバッグを丸洗いしましょう。38~40度くらいのお湯で、押し洗いがおすすめ。洗濯機で洗うと型崩れの心配があるので避けた方が安心です。脱水は1分程度でOK。脱水後はシワが付いているので、両手で強めに叩いてからシワを伸ばすように干すこと。外で干す時は陰干しにし、プリントが付いているものは裏返して干します。ハンガー2本を使ってバッグの口が開くようにして干すと、乾きやすさもアップ!

除菌消臭スプレーを使う

もっとも簡単にできるケアなら、除菌消臭スプレーです。気になるニオイを取り除き、除菌もできるから、毎日大活躍。バッグの片面に5、6回がスプレーの目安です。これなら、天候に左右されることもなく、忙しい時でも簡単にできますね。洗った後にスプレーしてから干すのも効果的です。

毎日大活躍するトートバッグは、汚れやすいもの。日頃からお手入れを心がけて、大切に使いたいですね。